新着Pick
358Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中学生から高校生にかけてサンデーに小山ゆうの「スプリンター」という短距離走漫画が掲載されてたのを急に思い出した。
「100mを9秒台で走ることのできた人間は、宇宙を飛べた人間の数よりはるかに少ない。10秒の壁をうち破ればそれを成し得た人間にしか体験できない、9秒代の宇宙というものがきっと存在するんだ!!」
勝者は遺伝で決まるのか。ジャマイカ人やアフリカ系アメリカ人が歴代10傑にずらりと並ぶ陸上短距離100mを見ると、そう思ってしまいます。そして、人類は果たして科学的には何秒で走れるのか。その真相に迫りました。湯浅記者がお送りします。
スポーツと遺伝、バイオメカニクスをめぐる記事、面白いです。
最近、日本選手が100メートル9秒台を出せるようになってきた背景には、科学的な解析とそのフィードバックがあるとのこと。解析に基づくアドバイスを受けてもその通りに体や走りを調整できるかは選手によるでしょう。逆に言えばそれができるかどうかが現代のトップアスリートの条件なのかもしれません。

ボルトが打ち立てた世界記録はもう10年前。当時のボルトの練習法について知りたくなりました。
赤身の魚と白身の魚の違いが、人間にも当てはまるのですね。元々人類は外敵から身を守るため瞬発力が必要だった。それが、狩猟民族となり、遊牧民となり、長距離の移動に必要な筋肉に変異して、農耕民族の日本人がいる、ということでしょうか。

その弱点は、「力」=「質量」✕「加速度」という方程式で改善することも可能とか。加速度をつける走り方や筋肉の鍛え方も進化している。東京五輪は筋肉のことを考えながら観戦しようと思いました。
人種が混ざるのが当たり前なので、日本人の定義付けが日本国籍を有するものでよいと思っています。それならば可能性はあるはず。

ただ人種としては難しいのも事実。
素質というか向き不向きがあるので、あったスポーツをすればよいと思います。
非常に科学的な複数の見地からの分析で面白い記事です。

アスリートのフォームを可視化するデバイスを開発しているので分かりますが、日本のスポーツ界は、まだまだ、非科学的なコーチングが残っていると感じます。大学の陸上部で、モーションキャプチャー設備があるところは数少ないですし、超高額なフォースプレート置いているところはほぼないです。

個人的に興味があるのは、シューズですね。長距離におけるNIKE社のヴェイパーフライ4%のように、短距離でも、靴の進化がいずれあると思いますよ。アウトソールだけで無く、インソールも含めてね。4%も変わる事は無いとは思いますが。
世界歴代記録を見ても、いかにボルトの世界記録が突出しているかがわかりますね。
ちょっと違う話ですが、アフリカ西海岸から連れられてきた奴隷たちのなかで、ジャマイカは鉱山用に大柄な男性が多く降ろされ、キューバにはそれ以外の小柄な優しい性格の人が残ったというのは、ハバナ現地で聞いたことがありますね。