新着Pick
1340Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自然科学の分野ではアメリカが非常に強い地位を占めています。日本も努力の量は負けてはないとは思うのですが、事務作業、研究費申請などが煩雑すぎて競争力を削がれてします。授業もティーチングアシスタントなどもっとつけて教職の負担を減らせるのではないでしょうか。友人の研究者も海外で若い時から研究する人も多いです。 海外の学びを日本に持ち込むという挑戦、是非やってほしいです。 自然科学の研究は日本の競争力の要です。
沖縄にある秘密の研究所「OIST」の名は1〜2年ほど前に耳にしていましたが、つい先日「ネイチャー・インデックス2019」の一指標で東大を上回る評価を得たのは、一つの象徴だったと思います。

しかしなぜ日本に、しかも沖縄に、世界的な研究機関が突如として誕生し得たのか、ずっと理解できずにいました。その足跡をたどることで、その不思議に迫ります。

ノーベル賞受賞者を30人以上も輩出する欧州の名門研究所トップを経て、OIST学長に就任した科学者ピーター・グルース氏の独占インタビュー。同日公開のショートドキュメンタリーと併せて御覧ください。
読んでいて高揚するリポートです。沖縄から、わずか数年で、東大をはるかに抜き去った秘密が的確に描かれてています。そして、その秘密が、秘密でもなんでもない極めてシンプルな論理であるところに驚きを覚えます。東大を抜き去る、という視点こそがもう意味のないこともよくわかります。

古い視点を超えるための部分を引用します。
「それなのになぜ、日本のアカデミズムは、こんなに競争力がないのか。最大の問題は、若い助教授、准教授といった人々が、教授の「傘の下」で研究をしているという「構造」にある。部門があって、学部があって、教授がいて、教授のために研究をしている。これが良くない。トップの東京大学も然りです」

なるほどです。このイノベーションを尾身幸次さんが企画したことを初めて知りました。政治家としてとてもいい仕事をされたと思います。
スゴク同意します、コレ↓。ワタシ、MITで PhD とってすぐミシガン大 Assistant Prof になりましたが、スタートアップファンドとして $50K (=当時の大学院生一人1年雇うお給料と学費) 頂いて、あとは勝手にどーぞ、でしたねぇ

(あ、金額はむかーし, 20+年前のことですし、ワタシ実験系ではなく計算系だったのでその程度ですが、今はもっと貰えると思います いい人材は獲得競争激しいので)

で、(すごーくざっくり言うと) その後 5.5年の間に$500Kぐらい外から取ってきて、PhD 3人ぐらい卒業させて、トップジャーナルにペーパー15個ぐらい出版して、世界のトップスクールの偉い先生方に知られ、認められるようにならないとクビですよ、って感じだったんですよ (金額以外は今も大体同じかと)

当時まだ小さかった、アナーバーのトヨタテックセンターの社長さんに直接アポを取って、今で言うピッチをしに行きましたねぇ。。。(オジサンの思い出話)

政府資金依存は長期的リスクですが、若いヒトに完全に自由にさせれば、外部資金を必死で何とかもってくるのでは? too optimistic? あ、そのためには工学部を作らなくてはですが


「最大の問題は、若い助教授、准教授といった人々が、教授の「傘の下」で研究をしているという「構造」にある。

部門があって、学部があって、教授がいて、教授のために研究をしている。これが良くない。トップの東京大学も然りです。」
厳しい見方をあえてすれば、当研究機関を「トップレベル」と評価するのはまだ時期尚早かもしれません。

すでにトップジャーナルに論文を生み出した実績のある研究者を複数連れてくれば、良い論文が生まれるのは半ば当然です。この研究機関から、次の世代のトップ研究者が誕生していくか。このような物差しでも一流になったとき、真に良い研究機関になったと評価できると思います。
OISTは日本の多くの研究大学院・研究機関とは全く違った「グローバル基準」の精神で人事、運営をしているからです。

助教授、准教授、教授たちは日本のように「タテ」の「上下」関係は全くない、それぞれ独立した研究者であり、教授タイトルは研究者としてのステージなのです。

「今回のショック」は研究成果では世界のOISTが「Top10」にランクされたことでした。この分析は「論文の数」や「引用数」ではなく、発表論文がそれぞれの分野の論文の中で「トップ1%」に引用された率、つまり大学、研究所の「サイズ・研究者・院生の数」とは全く独立した指標、ということです。研究の質で世界で「トップ10」入り、ということ、すごいことです。

小さくても「グローバル」な研究機関としては世界の「トップ、超一流グループ」なのです。

東大、京大をはじめとした他の大学より上に抜け出ている。こんなことは、明治維新と同じように、日本政府の「OIST設立」は「歴史的大英断」だったのです。

だからこそ、しばらくは日本の政府の揺るぎのない財政的配慮が必要と思います。なぜか?

OISTモデルが日本の大学に真似をされ、確立し始め、その成果がOISTレベル以上になって初めて「OISTの日本での研究へのインパクト」があった、ということになるからです。

この10年、ずるずる後退の日本の研究、今までの大学に資源をつぎ込んでいても基本的原因が変わらない、研究の質、効率はそのままなのは当然です。

なぜか?それこそが「OIST」の従来の日本の大学では共有されていない「研究する精神、研究する心の育成」という、「研究の本質」にある証拠だからです。

大学になって10年、OISTがこの成果を出せたことは、OIST計画が成功だった、だから他大学もこの「研究する精神、制度」を「入魂」することで日本の研究者の精神まで変わり始めることを期待したいのです。

150年余前に長い鎖国から開国した日本は西欧の制度の「カタチ」を取り入れて一応の「成功―失敗(真珠湾攻撃)―成功」した日本が、初めて研究の精神も理解するのではないか?なのです。

これが私、そしてすべてのOIST関係者・応援団の希望であり、日本への期待なのです。

この機会を逃したら、日本の研究は、そして将来への人材育成はどうなると思いますか? かなりヤバいですよ。
研究者目線では、自由に研究できる環境とそれを支える資金がある場所は理想。OISTは従来の日本のシステムに囚われずにそこを追求している大学院大学だと思うが、実際に高コストになると成果を出しているにも関わらず財務省のように文句を言う所が出てくる。批判には耳を傾けるべきだが、ここを忍耐強く見守ることができるかどうかが日本の科学研究の行く末を決めると思う。
東大と比べるのはかわいそうです。

沖縄科学技術大学院大学は学生数167(大学院生のみ)に対し教員数が65人。

教員一人あたり学生2.57人。

東大は学生数学部14,000人、大学院13,000人に対して教員数が3,800人

教員一人あたり学生7.1人。


まあ、東大も日本の大学の中ではトップクラスに教員多い方ですが。


単純に「教育よりも研究に投資すれば成果が出た」ということなのでは。
非常に面白い記事でした。今後、政府のお金だけでなく資金を集めてこられるのかがキーポイントになるな、と思いました。中国は政府、米国は寄付金と投資で永続的な資金が確保できていますので。
トップの研究者が外部資金をしっかりとれれば、素晴らしいですね。
出ているランキング自体がそもそも興味深い。有名大学も一部は入っているが、いわゆる大学ランキングとは違う。研究で最先端の成果を出す環境と大学は必ずしも一致しないのだろう。
そして研究の評価の仕組みが違うというのも興味深い。心理的安全を確保しているように思うし、そこにOISTと研究者、また研究者同士のリスペクトもあるのだろう。