新着Pick
624Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政府から支給される大学への運営交付金は、
OIST(教員70人) 203億円
東大(教員3,900人) 804億円
単純に、教員一人頭で割ると、OISTは、2.9憶円。
東大は0.2億円。
実際には、東大の方は、この予算を3万人の学生のために様々に費やさねばなりませんから、教員一人が2千万円つかえるわけではありません。
https://www.asahi.com/articles/ASM6L64L3M6LULBJ01L.html
 研究、とりわけ物理学や生化学は、使った予算の大きさで成果が決まるところが非常に大きいので、OISTが出している研究成果の「秘密」は、日本政府からの予算配分が、教員と学生数に比して日本のどの大学よりも際立って大きい、ということに尽きます。
 しかしながら、せっかく予算を注いで研究成果をあげてきたのですが、財務省はこれを「費用対効果が悪い」との理由で、OISTの予算配分を減らす方針とのことです。どれだけ削減されるかは、来年度予算が可決されるまでわかりません。
結局金をうまく政府から引っ張ってこれた政治力ってことやね。サスティナブルな仕組みにはなってないのでそこが課題かもな
予算獲得といった研究者がおおよそ苦手にしていることから解放されリラックスできると、こんなにも目をキラッキラとさせてして自分が好きな研究に没頭できるのかと思いますよね。

また、高度人材は日本になんか来ないと言われていましたが、世界の頭脳と言われているような研究者たちが喜んで来てくれるんですから、これを日本のあらゆるところに広げるための良いヒントにしたいです。

政府として一度やる!と決めて走らせた壮大なプロジェクトなんですから、財務省も黙って見守ってほしいところです。
1回行ってみたいですねぇ ただ、ニホン政府の投資に頼り続けるのは長期的にはリスクだと思いますねぇ

工学分野はどうなのですかねぇ メリケンのトップ研究大学のほとんどには、民間資金を集められるトップ工学部がありますので

あとこれはお叱りを受ける(政府予算とconflictする)かもですが、ONR, ARL, AFR, DARPRA などの米軍関連の研究資金で、同盟国にも開かれているものを探す、という手も有ります 先日オーストラリアのある大学に行ったのですが(ココも数年後には伸びてくると思います)、米軍からの委託研究が結構あるのにビックリしましたよ 国内だけ見ていたのでは限りがあるから、とおっしゃっていましたねぇ
動画の最後の部分に重要な指摘が入っています。これだけの実績を上げていても、引用された1本あたりの研究コストが高すぎるということで経費削減を求められている・・・ どのように1本あたりの価値を決めるかですが、ものによって大きく差があるのではないでしょうか。そこまで政府が精査した上で言っているのかどうか。
来ました〜!アロハ風に空回りしている編集長をお楽しみくださいませー
逆に言えば、これだけの予算と自由度と環境を研究者に与えれば、世界トップレベルの成果が出せると言うこと。現状でも例えば東大の物理は大学ランキングで世界トップ10に入っているので、資金と自由度と柔軟な人事制度を与えれば欧米基準の大学ランキングであっても世界一を狙えるのではと思ってしまう。
OIST。いろいろ言われているけど、こういう尖がったのが日本にあってもいいと思う。たぶん、いっぱい反論されそうだけど、、、。
OIST、以前学会で利用しましたがキャンパスの設計も素晴らしく、ここで働きたいなあと思いました。日本語が聞こえることはほとんどなく、異世界にいるような感じでした。
動画で初めてOIST観た。凄く楽しそう。財源圧縮より、用途開発(で財源確保)したほうがいい。超高額の幼稚園とか小学校とか併設して、未来の科学者の卵を世界中から集めたり。
この連載について
科学者たちにとって、論文とはどんな存在か。 人間を科学する注目の論文を眺めながら、人類の近未来像を想像してみよう。