新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプさんは、今も貿易戦争はアメリカが一方的に勝利して中国は勝つところが一つもなく負けていくと考えているようだ。
実際、ファーウェイは、アメリカからたくさんの部品などを輸入して、ファーウェイが不振したら、インテル、グーグルもファーウェイからの支払いが少なくなる。
どんどん禁輸を延期して、ファーウェイに新しい部品調達先を見つける時間を与え、開発を速めていく。ファーウェイに生きる道を与え、最終的にアメリカの技術に依存しない独立する道を与える。しかも特許などの面ではできるだけアメリカとぶつからないように気を配る。
戦略のないアメリカ、トランプ、これほど拙く行動するのはいままであまり見ない。
対中交渉カードというわけではないでしょう。むしろ自国のユーザが困るからでしょう。
ハードに規制し過ぎた結果困ったのは自国である、という話。日韓も米中もどこもかしこも、これに学んで欲しいものです。

ロイターの独占記事の原文
ability to maintain existing telecommunications networks and provide software updates to Huawei handsets.
つまり既存の通信ネットワークの保守継続やスマホのソフトウェアアップデート、が今回の延長検討対象とあります。
最近、経済問題に関しては、アメリカ側の譲歩が目立つ。トランプ大統領は選挙モードで、政治問題では厳しく対立しながらも、経済問題では割と柔軟に対応する戦略に切り替えてきているかもしれない。
もしやトランプ大統領や側近はシステムやハードウェアには保守という切り離せない運用業務がつきものだということを知らなかったのでは?笑えない。。
"猶予の対象は米国の通信ネットワークの保守など一部業務"
人手不足倒産って本質的なフレーズなんだろうか。人手不足のような変化に対応できない倒産、という感じにような、、、。