新着Pick
541Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Airbnbは元々ホテルより安く宿泊できることを売りにしていたが、ある頃からサービスの捉え方を旅全体に変えたからこそ、こういった提案も受け入れられるのだと思う。

akippaも駐車場そのものを提供するのではなく、人と人が会う手助けを提供すると決めたことで、駐車場だけではなくモビリティ全体を捉えるようになった。
最後のエアビー×ベビーシッターサービスはいいですね。ただ家を貸し出すだけではなくて、そこにいる人、空間を貸し出すことはエアビーの概念から外れていないですし。

例えばシニア層が住んでる家を、シッター付きの家として貸し出すことでシニア層の老後の就労支援にもつながりそうですね。
対話型鑑賞、美術館・画廊に加えて音楽、パフォーミングアーツなどでも幅広くできる面白い取り組みになると思います。

アート
・鑑賞しながら自分であれこれ勝手に解釈を想像するのは愉しいです
・しかし、セットで作者のトークイベントがあると、解釈もしやすいし、作者の人間味を感じられて親近感も出てくるので、作品が100倍楽しめます

音楽
・たまたま今日は知人のコンサートを聴いてきました。演奏の合間のトークも面白いし、バンドメンバーの紹介やオリジナル曲の作曲作詞の背景を聞くとまた愉しみが何倍にもなります

パフォーミングアーツ
・主催者の立場からではありませんが、例えばバレエ公演を楽しみやすくするような小規模のトークイベントをやってみようかな、と思っています。


「その仕組みとは、美術館・画廊がアート作品を貸し出し、宿泊ホストもしくは美術 館・画廊が派遣する人が宿泊者とともにアート作品を鑑賞し、宿泊者同士のディスカッションをファシリテートするというものです。

一般的な旅行者で必ずしも芸術に造詣が深くない方々にとっては、 アート作品、特に現代アートなどを前にしたとき、どのようにその作品を鑑賞していけば良いか、分かりづらいことが多々あるのではないかと思います。

そうした中、グループで話し合いながら対話を通して鑑賞を行い、純粋に作品を楽しむ体験を他人と共有できるような宿泊施設があることで、よりアートを身近に感じてもらえるきっかけを作ることができるようになるのではないかと感じました。」
無粋なコメントで失礼しますが、

「6. Airbnbを活用したベビーシッターサービス」
これを本気でやるならAirbnbが有事の際の保険を強めにかけておくとか、弁護士特約をつけておくとか、シッターサービスの提供をする側の品質チェックを定期的に行うとかしないと、絶対事故やトラブルのもとになると思います。

世の中、知り合いのお子さんを預かったときの僅かな時間でも事件・事故が起きて大問題に発展する時代です。
新たなアイデアが盛りだくさんの記事です。

個人的には、参加学生の中に実際Airbnbを使い倒している人がどれだけいるか。が知りたかったです。

Airbnbのようにディスラプトから生まれた新たなサービスの場合、アップデートすべき課題やより利便性を高めるためのポイントは必ず存在します。しかしそれはアイデアベースで解決できる程単純なものではなく、何度も何度も使い倒したユーザだからこそ感じるものだと思っています。所謂、マーケットインの発想です。

そういう意味では、Airbnbの利用者データを分析し、上位1%のロイヤルユーザを抽出。彼らから新規事業を募集したら、きっと面白いと思います。
Airbnbを民泊とか格安宿泊と理解されている方も多いと思いますが、彼らのミッションは「最高の宿泊体験」なんです。

ですから、この記事にあるように、「宿泊体験」の周囲であれば、実に多様なビジネス機会があると思います。

そういった意味ではAirbnbは「体験プラットフォーム」とも言えますね。
朝食は食べよう!
Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア