新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シリコンバレーで年齢差別と女性差別がひどいのは、まさにここで言われている「bro culture」と無意識の差別によるところが大きいと実感です。

一方で、老齢に近くなっている私自身でいえば、やはりどうしても、年を取ると新しいことを学ぶのがしんどくなってきます。だから、動きの早いテック企業で若い人が優先されるのも、ある意味「体力採用」という意味で仕方ないのかも・・と思う部分もあります。

この仕事をしていると、新しい技術のトレンドを学ぶことは必須ですが、そのために会議などに出ても、「わくわくする」部分よりも、「脳と体を切り刻まれるほどの疲労」が年々大きくなってしまい、最近限界を感じています。

解決方法はわかりません。どうすればいいのやら・・
年齢差別って… 当然だと思うな。人種や性別差別とは全く質が違う。20代はやる気だけで何とかなるかもだけど、30代になると一定以上のスキルは、40代になると実績が求められる。そりゃそうだろう

仮に同じ能力を持っている25歳と40歳が候補にいたとしたら25歳を採るということが起きてしまっている
Diversity & Inclusion!とはいえ、40代以降で若者のビジネス成長をサポートしない人は、やはり一線を退くべき!?

仕事の基本は10代、20代の価値観で形成されるため、40代以降は、率先して若い人の視点や考えを学ぶ必要があり。

若い感性と経験と人脈を生かして、若者の能力を最大化することをモットーに協業し成果を最大化すべきだと思います。

自戒の気持ちも込めて!STAY GOLD!!
業界によっても違うんでしょうね。
こんなこと言われたら、ずっと無職で39歳で弁護士になった私は立場ありません(^^;。
弁護士は年齢に制限がなく、以前は司法浪人10年なんて珍しくなかったんですが、まぁそれでも、就活の際はあからさまな年齢差別は受けました。まず、四大(ないし五大)大手は、もちろ、中堅どころの企業法務の事務所は、よほどのことがない限り、20代しか取りません(特に女性は。ビジネス経験がある人は別)。20代後半〜の女性はほんとに苦労しました。
私は、司法試験の成績はかなりよかったので、書類で落とされるのは年齢ないし性別以外にないわけです。

なので、「何をやり始めるのにも遅すぎることはない」というのは違うと思います。
が、NewsPicksでも、この手の記事が出ると、このようなコメントする方、結構いらっしゃいますよね(こうコメントされる方が、本記事では「若い方を取るのは当たり前」というコメントをしていらっしゃらないことを願います)。
ものによっては、また、目指すことによってはそうなんでしょうけど。
最新のテクノロジーや斬新なアイデアでは新しい世代に分があるのは明らか。戦う土俵そのものを見直すことや、同じ土俵であっても役割を変えることがミドル〜シニア期に求められることだと考えます。

自分ならではの土俵探しは、緻密にブルーオーシャンを探そうとするのではなく、レッドオーシャンで独自の進化をしながら生き残っている動植物の工夫に学ぶことができます。イソギンチャクと共同戦線をはりwin-winを作り出している魚もいれば、都会の隙間に生活環境を見い出した植物もあります。

大局観で全体を俯瞰できる優れた将軍や知将はごく僅か。
多くの方は自分ならではの土俵作りが大切だと考えます。
会計事務所で40越えの転職希望者がいたら、まず「この人が独立しない理由」を考えるでしょう。その理由が納得できたとして、次は給与水準(扶養家族の構成含め)と、お客様をどれぐらい引き連れてもらえるかを比較考量するでしょうね。