新着Pick
658Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
比較的クローズドな環境で機械を自動的に動かす技術は、かなり実用レベルに達しているとされています。屋外は倉庫などに比べて変動要因は多いとしても、公道を走る自動車よりは適しています。

人手不足の問題もありニーズは高いのですが、あとはユーザーにどれだけの「ROI」を提供できるのか、という商売上の問題が大きいように思います。特に農業についてはここが一番問題、というのが私の印象。

例えばアメリカでいうと、作物の付加価値が高く人手がかかってROIが一番高そうな、果物などの「カリフォルニアの近郊農業」では難しすぎてなかなか無人農機では解決できず、自動農機でもOKな「中西部の粗放農業」ではあまり高額な投資ができない、というジレンマがあります。

これを乗り越える方法として、倉庫向けでは「RaaS(Robot as a Service)」が普及しつつあり、建機・農機分野でもいずれはそうなっていくのではないかと思います。これをうまく使えば、兼業農家でも使えるほどの料金とインターフェース(ほぼ訓練なしですぐ使える)が提供されるようになっていくでしょう。
公道を走らず作業空間が限定されている建機・農機は計画作業と自動化に取り組みやすい最たる領域。とは言え熟練者による複雑な作業をどのようにして自動化するのかというところに各社のノウハウが集結します。コマツはAIによる画像解析で作業内容を分析して自動化に拍車をかけます。メカニカルな自動化とデジタルな自動化を取り合わせて実現するのが現在の重要なトレンドです。
それだけ農建機の業界ニーズが高いということを示しています。

労働力、人材不足が深刻なので、背に腹は代えられないということで、大きなプレッシャーのもとで開発が進んでいるため、こうなります。

それに比べると、乗用車の自動運転は「あればいいなぁ」程度の市場ニーズであるため、なかなか進みません。

勿論、みなさん、書かれているように「限定された場所」「プロによる運転」といった好条件もありますが、一番の差は「背に腹は代えられない」差し迫った状況です。
建設と農業はAIとIoTの有望分野ですよね。特に人手不足に悩む日本の場合、まさに産業革命でチャンス到来ということだと思います。
人手不足の日本で普及してほしい機械だが、兼業農家では投資として高すぎるのが問題だと思う。
日本の農機は、従来、なかなか「共同使用」が進まなかった歴史がありますが、
そろそろ「shared」を進める時代になったのではないでしょうか。
5G時代さらなるリアルタイム連携が可能となります。自給自足が国力の基本。日本の再生に向けた無人・自動化農業に期待したい。いい動き。頑張れ日本!STAY GOLD!!
こういう技術は海外でもニーズがある。特に南米のブラジルとかアルゼンチンあたりは農業で。また、建機そして(コマツも手掛けている)鉱山機械もブラジル、チリ、ペルーあたりで。
コマツさんがNTTらと組んで行っている無人ブルドーザーマジすごいです。これが早期に市場投下できればキャタピラー超えもそう遠くはないかと。クボタはもう、下町ロケットですねazs.
ロボ建機やロボ農機の開発が進んでいる。日本にアドバンテージがありそう。
株式会社クボタ(英語: Kubota Corporation)は、大阪府大阪市浪速区に本社を置く産業機械(農業機械、建設機械等)、建築材料、鉄管、産業用ディーゼルエンジンのメーカーである。農機メーカーとしては国内首位、世界でも3位である。 ウィキペディア
時価総額
2.08 兆円

業績

株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.45 兆円

業績