新着Pick
1045Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに政府は補助金などで地方創生を図っていますが、自分たち自身は動こうとはしませんよね。一時期盛んだった「首都機能移転」は、京都の文化庁等以外、どこかに飛んでしまった印象です。

人々は東京の「魅力」で集まっているのでしょうかね… 自然もなく家も狭い。でも、そこに「職」があり、結果として、知り合いも学校も東京に集中しているから、そこに住んでいるのではと思います。

非常に多くの問題があると思いますが、例えば省庁が分散すれば、関連する企業や職の分散がもう少し進められるのではと思います。
地方創生は人口政策なんですかね?人口増加や出生率向上という政策目標と、地方活性化という政策手段は合致していないんじゃないですか? 
ぼくは東京の強化で日本の競争力を高め、海外から資金や人材を集めるのが戦略だと考えるため、東京から地方への分散には反対で、地方は地方で国際的な魅力を高めるべきと考えます。
しかも小さな市町村が東京に張り合うのは夢物語で、札幌、仙台、名古屋、京阪神、福岡といった魅力的なメガ都市の集中強化が政策の軸になるんじゃないでしょうか。
都市部への人口集中は、政策でどうこうできるものではないでしょう?

世界的な潮流だからです。
そして、この傾向は今後ますます強まると予想されています。

様々な活動をしている人たちのリアルな出会いを求める。
学歴や趣味等が似ている者同士が結婚する同類婚が増えており、都市部の方が相手を探しやすい。
多くのチャンスが都市部にはある。

というような理由が挙げられています。

どうしても地方活性化をしたいのであれば、都市部ではできない規制緩和をしてビジネスチャンスをつくることでしょう。

ライドシェア解禁や民泊の日数制限をなくすなど簡単にできる規制緩和から、従来型企業も飛びつくような規制緩和が行われれば、企業が移転したり拠点を置いたりして自ずと地域は活性化します。
「東京への人口流入を、地方に逆流させよう」という目標自体が間違っていたと思います。若者にとって東京は魅力一番の都市ですし、減少する総人口を取り合う政策に意味があるとは思えません。人口増減にはそこまでこだわらず、産業振興などを通じて地方の魅力を高めることが最優先の課題だと思います。
首都圏と、首都圏以外の都市部と、それ以外、3つに分けて考えた方がいいと思っている。
都市には乗数効果があり、人が集まるから他の産業が生まれたり便利になって、さらに魅力が上がっていく。逆も然り。そういう意味では、まずは都市に人に集まっていくのは必然。
そのなかで首都圏なのか、首都圏以外なのかという点では、首都圏以外の都市に行く理由が必要。地方中核都市ならその周辺からの人口吸引は一定あるだろうが、本当に変えたいなら産業クラスタを作ることは必須。名古屋の製造業はそれの代表例だが、民間努力の結果論。
東京一極集中を政策的に緩和するなら、特区や教育を作って、雇用吸収力が高い産業を「その地域に行くのが良い」という形を作らないことは必須だと思う。
プラスに転じるまでには至っていないが、小さい地域では会津若松の取り組みは気になっている。
最近水戸への移住者が増えている。UターンIターン双方でだ。面白いこといっぱいやれば、地方にも人は集まってくると思う。

https://mitoproject.jp/

#いま水戸が面白い
東京を中心とする大都市圏への人口集中は
まだまだ進む。

都市は集積することでその価値を高める。
その価値を減殺するのは道路の渋滞や公共
交通の機能不全。

これが自動運転の本格導入で相当程度緩和される
時代の入り口にわれわれは立っている。

地方は、人口流出を阻むという発想ではなく、
それぞれの地方の良さを発信し、まずは観光の
誘致、さらに二箇所居住の受け皿として、大都市
の若い世代のセカンドハウスを誘致する、というアプローチ
を検討すべきだと思う。
定住前提で考えるのは、もうあきらめた方がいいのではないかなぁ。
数年スパンでいろんなところを渡り歩く人を増やす、という考え方でもいいのではなかろうか。
東京に箱モノが増え続けることが問題。とはいえ若い頃は、やはり、東京のあの勢いには憧れる。いまも東京に行くたびに、人の多さに魅力を感じます!

とはいえ、ある程度年取ると地方や静かな地域に魅力も感じて、愛着が増えます。だからこそ、テレワーク、リモートワークのICT、評価、文化の情勢を加速させて、地方こそ東京以上に柔軟な働き方を促進すべき。

企業も東京日本車機能を起きつつも、地方で働く優秀・熱意あふれる30代、40代の採用も可能なはず。

アジアの発展途上国では、以前は都会の素敵なオフィスで働きたい要望があったものの、交通事情も悪く、通勤に時間がかかり、また親の介護などもあり、今はテレワークを認める会社が大人気となりつつあります。

若者に東京は任せて、社会人経験有る人間や地方大好きメンバーで新しい地域創生すべきです。日本の働き方改革、応援します!

STAY GOLD!!
論じる視点がおかしいですね。物動政策は戦時等に一時機能したことはありますが、人流政策は戦時下でも困難でしたから、失敗したとか成功したということを論じることが、見識を疑われます。出生率は人口の縦移動で、都心への流入の横移動とはまた違います。横移動である都市への移動は江戸時代からの常識で、速水理論で江戸蟻地獄説が唱えられています。
出生率も。厚生省設立の1938年に、人口問題研究所が欧米の状況を把握してすでに今日を予言しています。
団塊の世代は2人兄弟ですから、団塊の世代の母親世代を生み出した祖父母世代が、当時の世相を反映して産めよ増やせよで、わが母方の兄弟は4人、父方も5人でした。論理というモノではないのです。