新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にもでてくる禁酒法時代の酒場をSpeakeasyと呼びまして、NYにはこのSpeakeasyスタイルのバーがたくさんあります。コーヒー屋の裏だったり、はたまた床屋やホットドック屋の裏にバーがあります。
観光や出張時に、一味違った楽しみ方をしたい場合は、ぜひこのSpeak Easyを訪れるのも良いと思います。
当然だろう。オープンだというのは、一種の相互監視なのだから。住宅でも、家族の息づかいがどこからでも感じられる、というのは、非常に保守的な家族観に根差している。個人には秘密があり、孤独が必要。他の分人になれる場所も。
極端にすれば反動がでますね。オープンにはクローズを。明るさには暗さを。
フラットな組織を目指し、シリコンバレー発で進んだオフィスの透明化。だが、読書など特定の目的のために、グーグルなどが「隠し部屋」を作り始めた。
オープンにし過ぎると、逆に会話がしづらくなる面がありますね。
日本だと押入れでいいから、リーズナブル!