新着Pick
444Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日から二日間、前・後編でシリコンバレーの一人駐在員奮闘記をお伝えします!

送られる企業によって前任者がいる場合などは生活から仕事の立ち上げのヒントをもらえますが、そうでない場合は自らが壁に当たって、それを超えて・・・を繰り返す失敗と学びの連続です。かくいう私もNewsPicksの「一人駐在員」です。はい、日々奮闘中です(笑)

商習慣の違いという意味では、こちらは時間をものすごく大切にします。電話でアポイントより、メールで連絡。インタビューも電話で済ませられたら嬉しいと思われますし、時間も役員クラスになると30分がマックスだったり。
これはほんの小さな一例ですが、今回の取材は、新天地で戦う一人駐在員に「同志」のような感覚を勝手に抱き、取材させてもらいました。

業種は違えど、日本の企業がシリコンバレーと関係を築く上で陥りがちなポイントとその攻略方が凝縮されています。多くの読者にとって日常のヒントになれば幸いです。
シリコンバレー駐在員の要諦がまとまった、良記事。

あえて付け加えるならば、駐在前に自分のミッションを明確にすること、投げ先の本社側のキャッチャー役を明確にすること、でしょうか。あと、本社から「表敬訪問的」出張を出来るだけ避けてもらうことも。目的なし訪問のツアコン役で時間と労力が割かれ、現地での評判も落とし兼ねません。
シリコンバレーのVCはやっぱり本物だなぁと感じたことがあります。
彼らは平気で数百社に投資し、1,2社当たればよい精神でガンガン投資しますよね。
日系企業が向こうに行ったときに割とこの目利きに時間をとられすぎていい意味での金のバラマキをできないことが問題かなと思います。
とにかく撒いておいて、目が出なければこちらからコラボ先を提供して育てるという文化が最高にクールな街だと思います。
ただやはり面白いのが、インターネットで場所という物理概念を取り払うプロダクトを生み出す会社がシリコンバレーという物理的な場所に集まることです。
私もたまに仕事で行きますがなんともローカルなやり取りからビジネスが生まれることがまだまだ多いのです。
駐在員の皆さんは英語を磨き、ローカルなイベントにガンガン参加すべきでしょう。
オプト時代にシリコンバレーに何人か送り込みましたが彼らは本当に苦しかったと思います。
"「単発スタートアップ、はいどうぞ」ではなくて、全体的な業界の地図を示すこと"
本社側を動かす上で体系だてて説明することは確かに有効だったと思います。その上で日本側のキーマンを何人か抑えておいて定期的にアメリカに来させる、というのが1番効きます
シリコンバレーでもがく、同じ一匹狼ですが、今回登場された日立ソリューションズの内田知宏さんの取り組みと私の取り組みは全く違いますね。

洪さんには申し訳ないですが、必勝法はないと思いますし、このモデルだけが、シリコンバレーでの成功ではないと思います。

日系企業は、そろそろ「シリコンバレーでの成功(いくつかのパターン)」の定義を明確にすべきだと個人的には考えています。

来ないとは思いますが、いつか(この言葉は使いたくないのですが)洪さんからの取材申し込みがあることを楽しみにして頑張ります。(笑)
これは凄い!もう凄すぎて、その凄さをどうコメントしたらよいのか、見当もつきません。

ただ、記事を最後まで読んでいて、ここまでやり遂げられる方ならば、別のキャリア選択もあり得るような気もしました。
私もロサンゼルスに一人駐在だった。途中から家族も帰って、本当に一人だった。
内田さんとはアメリカ事業立ち上げ時に知り合って、何度か頼りにさせてもらうことがありました。それは現職でも続いています。

今までお会いした駐在員とは圧倒的に知識量・行動量も異なる方で、多くのことを学ばせていただきました。特にシリコンバレーのエコシステムの話を聞いて、なるほどこういうことだったのか、と非常にロジカルな考察をお聞かせいただいたのは今も鮮明に記憶に残っています。

kikiさんといい、シリコンバレーにいる方々は面白い方が多かったです。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績