新着Pick
472Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全国の地銀をシステムで繋ぎ、バーチャル型のメガバンクを作ると言うアイデア
は十分に勝算があると思う。
ステップ1としては、システムの共同開発や記事にあるマネーロンダリング対策などを通じたグループ化。
ステップ2としては、リアル店舗を持つ銀行とネットバンクの融合を図ること。もっとわかりやすくいえば、地銀のビジネスモデルをいかにしてネットバンク化するか。
ステップ3としては、このネットバンク化した地銀ネットワーク(特に集金力)を使って何をするか。
くらいになると思うが、いずれにせよ面白い動きになると思う。
地銀はメガバンクの系列化されているので、そことの折り合いをどう付けるかも
ポイントだと思う。
システム開発とマネロン対策を並列で述べられているなど、インタビューの聞き手と北尾さんの意思疎通に不安が残るものの、システム共同化を起点としながら海外アクセスなどの機能面を支えるプラットフォームを構築しようとする意志は伺える。

ただ、既に複数の地銀がベンダーを巻き込みながら勘定系を中心とする共同化プロジェクトを立ち上げており(地銀共同センター、TSUBASA、じゅうだんかい、などなど)、どういった切り口で誘導を図るかが興味深い。
SBI銀行が使っている基幹システムは、拡張性において柔軟性があります。
その利点を最大限に活かして日本最大のネット銀行にのし上がってきた訳ですから、北尾さんのこの呼びかけは説得力があります。
あとは、危機感が高まっているとはいえ、地銀がSBIのカルチャーに馴染めるかどうかではないかと。
前に書いたコメントそのままで恐縮ですが。。

・メリット: テクノロジー企業の苦手とする地域密着ネットワーク/地元の信頼を手に入れることができる
・メリット: 預金者/地元優良企業のアカウントを手に入れることができる。将来的に地銀の預金は減少していくとはいえ、地銀の役割が消えることはない
・ハードル: 低収益率の巨大なアセット(事業)を持つことになる。特に現時点で既に預貸率の低い地銀や人工流出率の高い地域は、安くても今後さらに縮小を続けるので、あまり買収ターゲットにならなさそうです
・ハードル: カルチャーが大きく違う。決断スピード、方針転換のフレキシビリティ、従業員のモチベーション、リスクに対する考え方、規制環境、その他諸々

参考、米Banc Oneモデル: Banc Oneは経営が立ち行かなくなった地銀を買収し、緩やかな全米広域グループを形成。ITシステムは全てBanc Oneのものを導入することで効率化する一方、運営は地元人脈のある各地銀や支店長に大きく委ねる。また、Banc Oneは、全支店の業績ランキングを出す一方、そこで注目するのは最下位グループで、最下位グループに「上位支店から学ぶ」タスクを課すとのことです。
地銀と一言にいっても、創業家が力を持っている地銀もあれば、合併ほやほやの地銀もあります。

それらをまとめるのは至難の業だと思います。

メガになる必要はなく、「メガができて地銀独自ではできない部分」を補うスタンスが必要だと思います。
(北尾社長の意図はおそらくそうなのでしょうが・・・)

着眼点はとても素晴らしいと思います。

地銀は、地域の企業や個人等との密接な関係を築いています。
しかしながら、銀行ビジネスの限界として、人材の流出や士気の低下が目立ちます。

そういう、ストックを持ちながら業界全体としてダウンしつつあるところにビジネスチャンスは眠っています。
レッドオーシャンでは決してありませんから。

上手にアドバイスをして対等な契約を締結し、地銀の利益に貢献すれば、(たとえ茨の道であっても)可能性はとてもとても高いと考えています。
実際に多くの大きな会社のコンセンサスをとってまとめるのってただの構想やどこかが目立って主導するのではうまくいかないと思います。
リップルの技術を使った内外為替一元化コンソーシアムも主導されていたので、本当に目指していらっしゃるのは確かだと思いますが、地銀の脱退は相次いでしまった。北尾さんの力やリーダーシップをいかに円やかに皆の為に使ってコンセンサスをとるかが肝なのでは。
構想として面白いが、実際には下記の点がリアルなネックになりそう。

①地銀と連携といっても異なる会社なので顧客の情報をやり取りする場合には念書や守秘義務契約が必要となる。(例えば同じ持株会社の傘下の企業間でもこういった措置は必要)

②SBIや各地銀のシステムのオーバーラップはあるのでどっちに合わせるかコンフリクトが生じる可能性がある。

③株主への説明責任というのが観点からも地銀支援がどの様に収益面でSBIのメリットになるのか明確化する必要がある。
昔からシステム開発を一元化しようという構想自体はあったんですが、当の地銀経営者は全く危機感がなかったんすよね。コスト削減にはなるけど、問題は資金需要。なんせ預金が増えると赤字が増えるような状態だからなぁ
新設する共同持ち株会社を通じ、業務を効率化するのが柱とあるが、迷走する地銀を牽引する「第4のメガバンク構想」に確実に近づいているのではないだろうか。
近い構想はフィリピンのユニオンバンクが将来的にブロックチェーン基盤に実現しようとはしています。こちらは、i2iといプロジェクト名です。

https://cointyo.jp/article/10007705
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
5,852 億円

業績