新着Pick
546Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
過去のニュースを振り返ると年単位で懸念されてきた「逆イールド」ですが、これまでにも他の年限では起こっていたものの、ここにきて直近で市場において最も注視される2年債と10年債で発現したことでより一層リセッション入りへの警戒感が高まった感があります。

歴史はそのまま繰り返すかどうかはともかく、形を変えながら繰り返すとすれば、過去の同一の局面でどのように推移したかは知っておくに越したことはないかと思います。

「過去の逆イールドの経験則から今後を見通すとすると、たとえば2年10年スプレッドがマイナスを付けてから、リセッション入りするまでの期間は1990年代前半、2000年代初頭、リーマンショック時の直近3回で平均約18ヵ月、またS&P500に目を移すとこの間に高値を更新しているという調査結果が出されています(みずほ総研『米逆イールドは景気後退シグナルか』2018年7月30日より)」
「逆イールド」は金融の専門用語ではあるが、国債金利の期間構造に関する知識がなければ財政は語れないので、拙著の財政学の教科書(『入門財政学』日本評論社刊)にも、図を交えて語義を説明している。
98年とかは逆イールドになっても景気後退入りしませんでしたけどね。
その代わり、迅速な利下げでITバブルが誘発されました。
あと、最近の市場の見方としては、世界的な金余りの状況の中で、長期金利が低くなりやすくなっているので、今回の逆イールドを過去と同様に見ていいの?なんて意見もあります。
金融に慣れてくると「債券価格下落・金利(イールド)上昇」という言葉に慣れてくるが、最初はなんだか頭に入らなかったことを思い出した。

何かモノを買うとき、値引きが増えれば、価格は下落、値引き率は増える。それをイメージしてもらえると一番とっつきやすいと思う。
そして「債券というモノ」は、
①持っている間にどれだけ金利がもらえる
②満期まで持っているとこれだけ返ってくる
という2つ組み合わせの「モノ」。利回りはこの2つを購入金額で割ったもの(分子=金利+満期で戻るお金、分母=購入金額)。
金利と満期の金額は概ね変わらない、つまり分子は常に一緒。でも価格が上がる、つまり購入金額が大きくなると、割り算の分母が大きくなるので、利回りは低下する。モノは変わらないなかで、購入金額が上がれば、値引き率(債券の場合はずっと持っていると戻ってくる金額に対していくら払ったか=金利)は下がる。

そして「マイナス金利」という言葉もある。これは、戻ってくる金額より債券価格が高いということ。なんでわざわざ高いものを買うか?それは中央銀行がその価格でも国債を買い入れする=もっと高い金額で買ってくれる人がいるから。

今回の逆イールドとこれまでの違いについて、2年債・10年債利回りが出ている記事のチャートが分かりやすい。これまでは金利が高い水準で発生していた。つまり2年債が10年債を抜く形で逆イールドとなった。一方で今回は去年後半に10年債が上がっていたときには発生せず、その後下落したなかで発生した。
2年債・10年債どちらも1.5%あたりで、一方でFRBの政策金利は2.00-2.25%。つまり今後の利下げを既に相当に織り込んでいる。ただ利下げをしても、10年債も低い水準にきちゃっているので、カーブが概ねフラットな状態は当分変わらなそう。
短期の金利は、Fedの政策金利や景気の予想に影響を受けやすいですが、10年物など長期金利は、景気だけではなく、長期の成長率の予想や規制による国債需要の影響も受けます。
長短金利差のグラフをみると、金利差は景気に循環しているようにみえますが、次のグラフで、金利水準の長期トレンドをみると、10年債の水準が緩やかに低下していることがわかります。長期金利の水準が低下すると、当然に短いところの金利にはゼロに近づきますので、それを避けるには、政策金利をゼロ近傍もしくはマイナスにする必要があります。
「CRAZY INVERTED YIELD CURVE! (イカれた逆イールドカーブ)」とトランプ大統領の怒り爆発。でもその原因(保護主義)をつくっているのは本人なのに。

中国叩きは強い米国を象徴するため、まだ金槌をおろす訳にはいかない大統領。金利の引き下げを当分は叫びつづけるのでしょうね。

逆イールドカーブと経済状況がとてもよくわかるレポートです。
理論的にはわかるのだが、景気後退が予測されるリスクオフ局面で2年ものではなく10年ものの国債を買うのかがよくわからない…玉が少ないから?