新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、上海勤務で中国/中国語圏担当のアナリストマネージャーを大募集中です。

自由なアイディアと中国/中国語圏についての知識や経験を活かしたい方、中国市場の現地で力を試して成長したい方、是非、下記までご応募下さい。
https://uzabase-inc.workable.com/jobs/1017890

興味がありそうなお知り合いへの転送も歓迎です。
SPEEDAのアナリストは、普通のアナリストと何が違うのか?
決算とか株価予想が仕事の起点・ゴールではない、色々な業界を見れるあたりがアナリストのコア部分としては面白い点だと思っています。

自分は、アナリストというか分析業務は分析した結果に何らかレバレッジを効かせて、社会に良い影響を与える仕事だと思っています。
金融関係だったら資本市場の規模がレバレッジとなるし、コンサルだったら提案を通してクライアントが実行に至れば、クライアント企業の規模がレバレッジになる。
SPEEDAの場合は、幅広いお客様の裾野になっている(国内外で1000社以上でご活用いただいています)、あとはコンテンツとテクノロジーの領域で、自分が望めば分析知見をプロダクトに反映させて技術を持ってレバレッジさせていくことだと思っています(自分はNPもやりながら、この領域をずっとやっていたりします)。

金融機関やコンサルで分析業務をされている方で、幅広く業界を見てみたい、分析を使いながらプロダクトに関わりたい方など、是非興味を持っていただければお気軽に話を聞いてみてください!

https://www.uzabase.com/recruit/occupation/
SPEEDAアナリストになって早2年ですが、ユーザー第一のコンテンツ制作は純粋に楽しいです。また、デザイナーやエンジニアなど職種の異なるプロと協働してプロダクトを作る経験は、金融機関を飛び出したからこそだと思います。ご興味ある方はぜひご応募ください。
アナリストが実際作ったコンテンツを、エンジニアと共にUI/UXを考えたり、デザイナーと共にグラフィックに拘ったり、「届ける」ところを一緒にできるところが醍醐味だと思っています。ご興味ある方は是非!!
純粋に分析が目的の仕事はなかなかないと思っています。
また、どうやってユーザーに届けるか、いろいろな方法論を議論するのも楽しい。
SPEEDAのコンテンツで現場の方々のアウトプットが変わり、結果的に世界が変わる。それを目指して日々努力しています。
甲斐さんは元々NewsPicksのヘビーユーザーで、NP主催の交流会にきてもらってから仲良くなって、口説いてSPEEDAに入ってもらいました!
リアルジョブオファーですね笑
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
817 億円

業績