新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事実かどうかはおいておいて、また倫理的にはともかく、ファーウェイはアフリカの政府に監視システムを提供しているのだから、そのターゲットには当然テロリストや国家治安を害する者が入れられるので、政敵が対象に追加されるのは「一般的」なように思う。
このニュースが騒がれている論点が掴みかねてますが、Huawei=中国政府と捉え、以下に書かれているようなことを問題視しているのでしょうか。
>「問題は中国企業が単にお金のためにそれを行っているのか、それとも具体的な監視上の意図があるのかだ」とし、「これは後者を示唆している」と述べた。

そのような代理戦争の話ではなく、ウガンダの政治の話として、長期政権を維持している現政権が、対立候補となるであろうワイン氏へ行っている迫害自体が問題では。
この記事については、外からの援護がほしいワイン氏側がリークし、中国叩きがほしい新聞社と利害が一致したのかなあという予想。
お待たせしました、話題となっているファーウエイに関するWSJ記事の日本版です。
ウガンダにてファーウェイのエンジニアらが野党政治家に転身したポップスターのワッツアップに侵入し、その結果当局が街頭デモの計画をつぶし支援者数十人を逮捕した例など、詳細が描かれています。