新着Pick
318Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アントニオ猪木氏から株式を買い上げ、道場に掲げてあった猪木さんの写真も降ろして、生まれ変わった新日本プロレス。
現在の売上は約50億円とのことですが、まだまだ伸びそう。

先日のTHE UPDATEに登場した、メイ社長の「紹介煽り映像」が最高でした。
https://youtu.be/2qKM95DP_KE
「資本と経営と愛」の絡み合った「経営プロレス」から目が離せません。

ブシロードにとっては、欠けているピースを埋めるための合理的な買収だったということですね。
「当社ではIPを自社でゼロからつくることもありますし、世の中に埋もれ、日の目を浴びていないIPを発掘して伸ばすといったアプローチもしている。
その一環として新日本プロレスにたどり着きました」
新日本プロレスの買収額が5億円だったはずなので、買収額としては底値で買った感はあります。スポーツの場合は歴史がある企業でも運営が現場上がりだったりで可能性のある典型のように見えます。

暗黒期とされる2004年くらいの格闘技に押された時期は本当にしんどかったようで視界にも入ってこなかったので、そこからの回復はさすがです。

今の新日本の試合レベルは異次元の試合をしています。海外展開できるのも異次元のレベルがあってこそです。まだまだ成長するはずです。
レスラーのキャラクター化やPRの革新、デジタルコンテンツとしての世界戦略などはもちろんそうなのですが、やはり新日本プロレスのコア・コンピタンスたる「リング上の闘い」のクォリティ向上について「企業」として努力した、というのは大きいのではないでしょうか。

選手コンディションの維持、豊富なタレントによるバリエーション充実、明確で連続性のあるテーマ設定など。選手と、その選手による「闘い」をまさに「知的財産」と考えてビジネスを展開してきた。元々「プロレス」の本質を理解されていた木谷さん率いるブシロードだからこそ、上手くいったんじゃないかなーと思います。
上場したので財務諸表も公開されている。見てみると面白いが、IP(知的財産)で儲ける業態ではあるが、実際にBSに載っている無形固定資産はほとんどない(約2億円)という点。
雇用したり契約をしたりで、プロレスラーやアニメなどの事業を行っているが、その価値の源泉は雇用や契約などで費用として発生していて、会計的には資産になっていない。一方で実質的には資産になっている。
そして記事にも「海外に通用するコンテンツかという観点で判断している」という言葉があるが、拡大すると「BSに載っていない価値」はさらに拡大する業態。
アニメ/ゲーム/音楽/芸能/スポーツと機能軸縦割りになりがちなコンテンツ産業で、ここまでプロレスやバンドリなど作品軸で組織からすべて作り込んでいる会社はホント珍しいです。80年代の黄金期の少年ジャンプ編集局はこうだったんじゃないかな〜と思うような業界横断的な展開がブシロード の面白い部分です。
人もIPという考え方がユニークです。ゲームは映像がIPというのは理解できるのですが、人までは考えが及びませんでした。

キャラをたたせ、エンタメの要素を加えれば、コンテンツができあがる。デジタルコンテンツではなく、ライブのコンテツが。なるほど。
先日 #TheUpdare にて、#新日本プロレス のメイ社長と共演する際に調べて驚きましたが、親会社 #ブシロード すごいです!

「IPビジネス」と「データベースマーケティング」、この両輪が、今後の #スポーツビジネス の未来だと思います!
スポーツコンテンツの肝はIP。
まさに、スポーツ興行をエンタメコンテンツの一つとして捉えられている人達が、最近好調なビジネス活動を展開できているという事実はあるように感じます。
今年、新日本プロレスの旗揚げ記念日の興行で8年ぶり(猛牛祭以来)にプロレスを見に行き、リング上で行われていることは8年前からあまり変わっていないように感じられるなか、会場の熱気、客層がまるで異なるものになっていて驚いた。ストーリーの作り方、仕掛け方によって、こんなにエンタメビジネスの可能性は膨らむのかと。個人的には三沢光晴、小橋健太、プロレスニュースに熱狂したクチなので、そっちも盛り上がってほしい。
創業者木谷氏の手にかかると、こんなにも変貌を遂げるんですね。