新着Pick
1Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
高齢社会の最先端国日本。いつかは来る寿命、そんなことは分っていても、最後をどう向かえるは悩ましい問題だ。

日本での死亡場所は医療機関が多い、50年前だと、自宅で、という形も多かった。

自宅で、の場合は家族に看取られながらという形。でも少子高齢社会、また核家族になってきた高度成長時代からは、3代世代の同居は減る一方、また家族の縁も何とはなく遠い感じになってきてきていた。

人間の歴史でこのような社会は最近の「文明的社会」なのかもし得ない。家族の「きずな」は薄くなり、実は寂しいし、い爺ちゃんオバーちゃんからの「知恵」おでんじゅもない。

人間はひとりで生きていくのはなかなか難しい。特に高齢になると、寂しい気持ちや疎外感で変な事故、事件も思ってきた。この変な事件が大人になっても一人で孤独なままで大人になっている、家族内の悲劇的「事件」も見られる。

そうでなくても人生の最後をどう迎えるか。これは「患者の苦悩 向き合うケア」はそんな社会の現状や対応の記事。

人間最後は神様、仏様的な気もしになるモノだろうね。そんな最後の時間にあって気が付いても遅いのだろうけど、80年代初めまで1数年間、大学病院で医師として仕事をして感じていたことの一つに、病院には主要な宗教の部屋があり、患者さんや家族のケアに対応する場所があることだった。

特に最近のように人生の最後を迎える場所が自分の家庭でないことが増えている時代、そんなた対応にこたえる「サービス?」というか、「患者や家族に寄り添って心の問題をケアする」といった「スピリチュアル」(またカタカナなのか、)面の対応ができていているという。そしてそんな人材もニーズに対応するように出てきているという。

とてもいいことだと思う。人間一人ひとりは寂しい生き物なのだ。本能だけで生きているのではないし、煩悩なんてものもあるし。

何しろ、日本は世界最高の長寿社会であり、高齢化最先端国なのだから。世界のお手本になれるのだよ。