新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均+0.98%、TOPIX+0.87%、マザーズ+0.69%、REIT+0.06%。
米中関税の一部品目延長による米株反発の流れを受けて、日本株も反発。ただそれによってドル円も1円ほど円安になっている中では反発は1%未満と小さく、悪い中でマシなニュースだが大勢変わらずという市場の評価に見える。ダウ先物は約-40ドル、アジア株は上海+0.4%、香港-0.3%(プラススタートだったがマイナス転換)、韓国+0.65%、台湾+0.6%ほど(1615時点)。
業種別には空運-0.63%、陸運-0.39%、電ガス-0.33%以外はプラス。特に鉱業+3.83%、その他製品+2.27%、非鉄+2.06%、ゴム+2.04%、石油石炭+1.67%など素材系中心に強い。
個別では米株でも半導体・製造装置が強かったが、日本株でも太陽誘電+6.27%、SCREEN+5.98%、TDK+4.31%などが強い。スマホが関税延期対象となって年末需要に短期的にプラスなのを織り込んでいると思う。一方で装置は短期需要だけで投資をするものじゃないし、来年以降は関税がかかることを踏まえればむしろ今年に駆け込み需要が多く発生して山高く谷深しの状況で、電子部品の長期価格にはもっとマイナスなのではないかと思わなくもないが…まぁ相場はそんな長いことは当座は考えないのだろう。
大幅高となった米国株式市場の流れを受けて、本日の日経平均株価は前日比+199.69円の20,655.13円で終了しました。
ドル円は106.30円台で推移しています。
【NY株反発、372ドル高 対中制裁の一部延期好感】
https://newspicks.com/news/4138918