新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタートアップが未上場のまま数十億円を超えるバリュエーションで大型の資金調達を実施できる環境が整い始めたことは近年の大きな変化だと思います。30億円以上のバリュエーションでの資金調達が2.6倍との事ですが、同じバリュエーションでも株式の希薄化比率がどうなっているのかも気になります。
国内外でミドル〜レイターステージの投資家が増え、スタートアップが未上場のまま数十億円を超えるバリュエーションで大型の資金調達を実施できる環境が整い始めた、とのこと。
投資家がふえるのはいいことです。最初の投資のハードルは高いですが、一度経験すると評価などの要領が分かってきます。
統計ではなく、スタートアップ投資の実務の観点でどんな情報があると良いかを考えて調査をしてみました。
個人的には実は今回の調査の肝は、裏側の自動化・システム化だったりします。こんな風にプログラミングとリサーチを組み合わせるのやり方にはもっと多くの可能性がありそうに感じています。
ぜひチャートを見てもらいたいんですが、30億以上のバリュエーションでの調達が増えてる一方、10億以下の件数は変わっていません。なのでバブルではなく、あくまでも後半のステージが新たに出現したという事ではないかなと。実際、シードで投資をしている肌感としてもバリュエーションがいたずらに高まっているわけではないですし、むしろ僕らのエントリーバリュエーションは下がっていたりします。
ちなみに、日本の上場会社で時価総額30億円以下は約400社。
うち東証一部11社、二部123社、マザーズ33社、JASDAQスタンダード196社あたりが多い。上場しているが時価総額・流動性が低い企業より、非上場であってもVCなどが投資している企業の方が投資家にしっかり見られていると思う。
ベンチャーの市場が拡大している事は朗報。資金調達手法の拡大に加えて、エグジットに関しても、IPOのみならず、M &Aも増えてきた。どんどんチャレンジできる環境を作りたい。