新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キャッシュレスになるから、ということではなく、常に消費者の行動の変化と自分の持っている武器(リソース、つまりデータ、ツール、ヘッドカウント、予算と言ったものですね。) を比べて最善と思うトライを重ねるのが大事。

とはいえ、キャッシュレス時代には実は大きなインパクトがある。社会の構造変化があるから。つまり、顧客接点のラストワンマイルを抑えられるのは、決済システムプラットフォームのみとなり。決済に関するダイアモンドのような行動データが現金とちがって取れるようになり、しかもそのデータは基本的には彼らが抑える時代になるということだ。

その上でだったら決済事業に参入するのか?参入できないならどのツールを使うのか、これにはお客様の便利を第一に考えつつも、こちらがどんな分析がしたくて、それに必要などんなデータがもらえるのか、使いやすい形でもらえるか?そういった事を考えるのが本質であろう。

だから、特に決済プラットフォームとのプロモーションを行うときは深い思考からの戦略にあったものであることが必要。でも、それも…どのプロモーションも同じですけれどね。アイディアとクリエイティビティは必須ですが、それとは異なる単なる思いつきをしっかり排除して行くことがますます必須です。我々はそれができる時代に生きているのだから。
この記事で主に語られるモバイルペイメントは最近注目されている新しいキャッシュレス機能。今までのキャッシュレスとの違いはモバイルデバイスに依存し、顧客データが取りやすく、双方向のコミュニケーションが可能であること。

これがどの程度普及し、受け入れられるかは企業側のマーケットクリエーションと、ユーザーの受け入れ度合いによる。お客様視点で言えばキャッシュレスはクレジットカード、交通系電子マネーで十分とも言えるわけです。

長期的には必ずメジャーなペイメントになると思われるモバイルペイメント。この戦いはもう少し長期戦になるだろう。そして、多様化するキャッシュレス機能の融合、統合、収斂もあるだろう。

新しいキャッシュレス時代のマーケティングの実践においてはネットビジネスが参考になる。決済行為からどのようにお客様と繋がり、どのようなコミュニケーションを実現するのか?姿は見えないお客様へのデジタルコミュニケーションがますます大切になりますね。
未だにキャッシュレス時代ってのがよくわかってませんが。

現金決済ではなくキャッシュレス決済とした際の大きな効果としては、決済を管理できる事でしょう。

例えば生活保護の支給を現金ではなくキャッシュレス決済のみにすれば、暗躍する貧困ビジネスや過度な友好費への使い込みを抑止できる。
その為には信用なくクレジットカードが持てない貧困層でもキャッシュレス決済できるようにする。

そう言うとこではないですかね。

そうなるとスマホのQR決済と言うアプローチでもないのですが。
「 アンテナショップや小売りとの連携が可能であるならば、決済情報に加えて、位置情報を取ることも可能となる。しかも、アプリを限定して活用できるので、地域、アプリ特性を生かした、精緻なキャンペーンやプロモーションも可能になるとなれば、SNSにからめた広告やプロモーションから、決済アプリを中心としたプロモ―ションも活性化していくことも考えられる。」
日本でこれだけ事業者が出てきてしまっている状況において、何が違うのか?というのはもうよくわからない。というのが今の状況のような気もしますが、スマホは体の一部なのでいつも持っている物でいつも使う習慣にできるかがカギだ。データを使ってマーケティングとはいうものの日本のペイはデータが取れてないのパーソナルな体験は提供できずどうしてもバラマキ型の施策に走ってしまうのはその為だ。
もし自分だったらOEMとして事業者アプリへのペイメントを裏側で支えると言うAmazonのAWSのようなSaasビジネスを事業として行ったらどうかな?と思うけど。
分析しなくても、予測しなくても、世界には、すでにそうなっている国があるので、そこを参考にすればわかります。

モバイル決済であれば中国、クレジットカード決済であれば米国です。

先行事例があるのに、未だに、独自で検討していることはムダ以外の何ものでもありません。

先行事例から学び、それより良いものを構築すべきでしょう。
24時間身近にあるスマホが財布になることで、消費者がスマホを見ている時間は小売にとって全てチャンスになる。どのような動機付けをするのか、スマホ最適化して良い体験を提供するのかはこれまで以上に求められると思う。ただ、比較も簡単になるので、結果的にポイントなどを含めた割引がいいところが優先されていく流れは強くなりそうな気もする。
キャッシュレスに絡めて色々書いてあるので分かりづらく見えましたが、より個別消費者やユーザーに合わせた戦略設計が重要だと思います。