新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず「資本の原理に任せていても全然最適化が進まない領域」に政府が介入すること自体は、極めてまっとうな話。
寡占市場なんだからもっと早くからアクション取ってて良かったんじゃないかと思う。

次に楽天参入については、価格体系だけでなく「楽天経済圏をどのように活かしてくるか」が各社にとって驚異となっているポイントだろうと思われます。
ソフトバンクのヤフーショッピングも、KDDIのWowma!も、ドコモのdショッピングも、ポイント消化で売りを立てている側面が大きく、このモール群と比較したときに楽天はどう考えても強すぎる。
価格だけが変数であれば各社対応できるものの、楽天が立体的な戦略を組んできたときに模倣しようがなく、各社それぞれが「出せるものを出す」という、消費者サイドとしては嬉しい展開が待っているかもしれません。
ドコモとKDDIは、ARPUを維持。拡大するために「コンテンツ」「サービス」レイヤーに参入し、その強化を図ってきたが、必ずしもそのレイヤーの収益性が高くないという問題があった。
ソフトバンクは、Yahoo!との連携を図ってきたが、必ずしも「シームレス」な連携にならないという問題があった。
「コンテンツ」「サービス」領域で力がある楽天さんが、インフラレイヤーの携帯電話への参入で、レイヤー間シナジーをうまく活かせるか注目したい。
横並びなサービス・料金体系で他社キャリアへ乗り換えるメリットは余りないと認識していますので、私的に違約金は大きな要素ではありません。
MVNOで楽天モバイルを利用していますが、今のところそちらをメインキャリアへ移行する考えもありません。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者である。 ウィキペディア
時価総額
6.82 兆円

業績

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.6 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
9.40 兆円

業績