新着Pick
584Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「フェイスブックは、発行するリブラの見合いとなる資産として、米ドル、ポンド、ユーロ、円といった複数通貨の預金や国債を保有する」とのことですが、ノーベル賞経済学者らによる新たな仮想通貨という触れ込みで2018年3月25日に公表された仮想通貨サーガ(Saga)がSDR(IMFが創出するドル・ユーロ・円・ポンド・人民元を引き出す権利)を準備資産として価値の安定を図り、法定通貨の代替物としての性格を強めているのと似ますね (@_@。
https://crypto-currency.site/?p=3335
違いは、リブラが世界中に広がる巨大な利用者網を背景に直ぐにでも法定通貨にとって代わりかねないのに対し、サーガは目立たないといったことくらいじゃないのかな。もしフェイスブックが予めリブラを持って静かに小さくスタートし、その後に今の地位を築いていたら、通貨の世界はどうなっていたんだろう (・・?
好むと好まざるとにかかわらず法定通貨への“挑戦”は今後もいろいろ起きそうで、ちょっと興味をそそられます (^^;
以下、何度もコメントもコラム執筆もしており、沢山の方からフィードバックも頂いておりますが、「各国政府がリブラを恐れる」ならリブラが承認されることは無いので一生懸命議論しても無駄だと私は思います。

リブラリザーブが伝統的な安全資産に裏付けられるなら中銀決済ネットを使う話になります。プロジェクトの根幹が旧来的な「権力」に依存しているということが最も重要であり、ここを超えられないならリブラも国際金融網には乗ってきません。

リブラをめぐる誤解…マクロ経済と金融への「本当の影響」はこれだ!
正しい理解が必要だ
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66150

続・リブラとマクロ経済~リブラと金利~
https://comemo.nikkei.com/n/n552f1979c670
世界中の政府は短期的な支持取りのために規律を失って通貨発行を続けているから、どこかで価値の暴落は避けられない。その時に価値が出るのが金地金とビットコイン。

銀行券であれ政府紙幣であれ、法定通貨の価値がどう保たれるのかといえば、発行者である中央銀行や政府がどのような規律で貨幣を発行するかを自分で決めて、それを守り続けて信用される以外にない。
単純に言えば、

「国が担保する実通貨と、facebookが担保する仮想通貨が同等な価値になったら困る」

ということでしょう。

そうなってしまったら、facebookが「国境のない仮想国家」となりうるからです。

いろいろ、難しい言い回しをしなくても、単純に記載した方がわかりやすいと思います。
わかりやすかった
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア

業績