新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも日本は国家が管理貿易する中国とは同列に語れない。あくまで民間が購入するのにコミットなどあり得ず、せいぜい国が関与するアフリカ食料支援程度でお茶を濁すしかない。
もちろん中国の購入額から見れば、微々たるもの。穴埋めという発想がいかにズレているか。
日本が米国から輸入を増やせそうなのは農産品とエネルギーくらいなので、予想通りの要求ではないでしょうか。さすがのトランプ大統領も、中国の人口10分の1の日本に、食料品需要の穴埋めを期待することはないと思います。
様々な輸出入の規模感の確認。

日本はほとんど中国から農産物は輸入していない。下記で見ると約23億ドル、2017年の全輸入額1600億ドルの2%未満。
https://oec.world/en/visualize/tree_map/hs92/import/jpn/chn/show/2017/

日本の農産物全体の輸入は約180億ドル、うち米国から約60億ドル。
https://oec.world/en/visualize/tree_map/hs92/import/jpn/all/show/2017/
https://oec.world/en/visualize/tree_map/hs92/import/jpn/usa/show/2017/

米国の輸出全体は約1.25兆ドル。うち農産物は約640億ドル。
中国向け輸出約1300億ドルのうち、約150億ドルが農産物で、その8割を大豆が占める。
https://oec.world/en/visualize/tree_map/hs92/export/usa/all/show/2017/
https://oec.world/en/visualize/tree_map/hs92/export/usa/chn/show/2017/

世界的に大豆はブラジルと米国が2大輸出国で、両国で約8割を占める。そしてブラジルの大豆の輸出額約2200億ドルのうち大豆は約260億ドル。うち200億ドルは中国向け…なので、ブラジルの輸出先を奪う形であっても全部は奪い切れないし、中国も逆に一定米国から輸入し続けるしか、需要量が変わらない前提では動きようがあまりないように見える。
https://oec.world/en/visualize/tree_map/hs92/export/show/all/1201/2017/
個人的にはアメリカから牛肉、果物、ホウレンソウを輸入して欲しいです。美味しいですから。
もちろん、美味しいものを輸入してもらえることが前提です。
日本の農産物への関税はかなり高いですので、中々輸入は増えないですね。

今回はアフリカ支援ということですので、じゃがいもを買え!と言っているのでしょか?
もう少し詳細情報待ちです。
「直接要求していた」とは、いつなのでしょうか? つまりこれがトランプが相撲見物の際にツイートし、選挙までは秘密にしておくと示唆した密約でしょうか?

数百億円の購入を約束したということが選挙前に明らかになっていたら、当然、選挙の結果も違ったことでしょう。

農家に対する影響もさることながら、GMOの輸入もなし崩しになれば、一般国民への影響も心配です。売国的な密約と言わざるを得ません。
2018年に日本は6兆4553億円の対米貿易黒字を記録したが、対米自動車・自動車部品の輸出額は5兆4536億円、対米自動車・部品の輸入額は1706億円だった。すなわち、日米貿易不均衡の80%以上は、自動車と自動車部品であり、農産品をいくら買おうと、不均衡は大して改善しない。トランプ大統領にとっては、とにかく選挙戦を睨んで、米国農家にアピールすることが重要であるが、米国の要求ではそれだけでは済まないだろう。いずれは自動車に話は移行しそうだ。
「対中国輸出が貿易摩擦で減少しており、穴埋めを求めた形」だそう。
米中貿易摩擦の影響が多方面で出てきますね。
「購入要求」は筋違い

関税を下げるのが正しい施策で問題は見返りにアメリカから何を引き出すか