新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
昨夜はよく眠れましたか。ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部の睡眠学者アダム・P・スピラらの報告によると睡眠不足を引き起こす可能性がある要因の多くは、加齢に伴う睡眠構造の変化への適応法を理解することや睡眠を妨げる行動を修正することによって対応でき、完全に排除することも可能だといいます。睡眠を妨げる行動として、自らが招く問題で、おそらく最も一般的なのが心配をすること。良質な睡眠を実践するため、心配事を締め出すリラックスした考えで頭を満たすよう心掛けてみませんか?