新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国株は主要3指数揃って続落。そう易々と落ち着かせてはくれない相場。先週のリバウンドもこの下落で方向感を見出すきっかけとはならず。相場が落ち着きを取り戻して方向感がしっかり確認できるまでは様子見に徹するのが無難ですね。現時点で潮目が大きく変わるほどのことでもないでしょうから。
日本株が心配ですね。お盆休みを狙った売りがふくらみそうです。

8月いっぱいは、乱高下の展開になるかもしれませんね。
日本株は4月からの4カ月弱で2000円近い下落。このまま2万円の大台を割り込むかどうか注視
ダウ-1.48%、S&P-1.21%、NASDAQ-1.20%。
先物も下がっていたが、最後2時間ほどでさらに100ドル下落の約400ドル安。10年債利回りはー0.10pt低下の1.65%、まだ2年債利回りより高いがスプレッドは0.07%まで縮小してきた。ドル円はそれでも何とか105円台を保っていて105.25円ほどだが、ずっとここで粘っている分一度崩れるとガクっといきそう。日経平均先物は約400円安。
業種別には全業種マイナスで不動産ー0.26%、公益ー0.29%
生活必需品-0.66%を除くと全部ー1%以上の下落。特に金融ー1.92%、素材ー1.58%、エネルギーー1.45%の下落が大きい。
個別ではバイオ医薬のAmgen +4.86%、メディアのNews +2.41%、医薬品卸のMckesson +1.78%、メモリのMicron +1.47%などプラスもあるがそれでも小さ目。下落が大きかったのはリン肥料のMosaic -8.16%、Tripadvisor -5.37%、半導体のAMD-5.15%、農機のDeere -5.03%など。
利下げの長期化もある程度織り込まれているのでしょう。
日本株の下落も必至かな…
20,000円を切ったら、いっそ買いましてやろうかな。
ダウ平均は、米中対立の長期化に対する懸念などから大幅に続落、「前週末比391.00ドル安の2万5896.44ドルで取引を終えました。
ナスダックは95.73ポイント安の7863.41でした。