新着Pick
1260Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ソニーやソフトバンクがガジェットの雑誌をメディア事業として長くやっているように、自社の本来のプロダクトと離れてメディア事業としてやるのでなければ、中立性の観点から自社プロダクトから離れ、収益性の観点からは広告か自社プロダクトへのリードを生み出さねばならず、これら2つは短期的には矛盾すること。
突然というより初めから無理筋なものが、コストがかかり過ぎて閉じるのが殆どでしょう。
人気 Picker
オウンドか否かにかかわらず、質の高いコンテンツをコンスタントに出し続けていくことには相当の手間もコストもかかります。デジタルメディアを運営している者の実感です。
記事ではgoogleの評価に触れられていましたが、facebookもユーザーの対話を重視する方向に舵を切っており、オウンドメディアには厳しい状況です。さらにオウンドには「メディア」としての完成度が高まれば高まるほど、その企業の特定の商品からは離れていき、CVが取りにくく(測りにくく)なる面もあるように思います。オウンドにリソースを提供できる体力と、オウンドに短期的な成果を求めない余裕がある企業でないと難しいだろうなと思います。
ネットは変化が早いので、オウンドメディアを持続的に成功させるのは難しい。残念なのは、閉鎖で過去コンテンツを全て消す例が多いこと。管理コストを嫌ってだろうが、ネットの遺産が消えていく。
毎日新聞もオウンドメディア支援をビジネスにできないかといろんな試行錯誤をしましたが、なかなかうまくいきません。朝日新聞はオウンドメディアの会社を買収、読売新聞はブランドスタジオをつくり、頑張っておられるようですが、目の覚めるような成果をあげるまでには至っていないと認識しています。ただ、日経はナショナルブランドと提携して上手にオウンドメディア支援をして利益も上げていると思います。そんな中、私がうらやましく思っていた日経が提携するアサヒビールのオウンドメディアが閉鎖されたのは少し驚きました。
やはりネットはプレーヤーが多すぎます。差別化して効果を上げるには並みのクォリティではだめです。一方でクォリティを上げようとするとコストがかかります。そんなトレードオフの関係の中に現在の停滞はあるのでしょう。そして、オウンドメディアの苦戦を見ながら、ネットメディアは分散化からバーティカルメディアへとトレンドが変わりつつあります。奔流になる潮流はどこにあるのか、まだ誰も見えないのだと思います。
オウンドメディアって、参入障壁が低い(ように見える)のです。
で、競争激化。
しかし、人のマインドとして、なにかを知りたいとか暇つぶししたいという読み物ニーズと、何かを購買したいというようなニーズは、マインドセットが違い、読み物記事からコンバージョンさせる(購買行動)につなげるのは、かなり難しい。

そうこうするうちに、むしろ、広告の方がROI良かったりして、「なんでオウンドメディアやってるんだっけ?」となりがちですよね。
オウンドメディア、定期的に来る人は少ないのではないだろうか。あまりにネットに情報が多すぎる。そして安定したチャネルを自社で持たないと、流入は変動しやすくなる。
一方で、企業だからこそその領域で一般的な個人より専門知見を持っていることが多いと思う。その意味で、自社領域についてはやはり質にこだわった情報が出ていると良いと思う。こういうのはフロー情報ではなくストック情報であることが多いと思うし、それがGoogleとかで上手く引っかかってくれると嬉しい。
その観点でも、下記の最新情報を優先するというGoogleのアルゴリズム変更が良質なストック情報に与える影響は気になっている。
https://newspicks.com/news/4110625
そうなんだ。オウンドメディアの閉鎖が増えているんですね。

「成功するオウンドメディアでは、まず『短期的な成果で考えない』『目的やゴールをしっかり持っている』『戦略に合わせたコンテンツ企画をしている』ということが挙げられます。」

そう思います。すぐに売り上げや利益につなげたいならやめておいた方が良いですね。これは将来への投資だと思っています。
編集者の小山田さんのコメントにありますが、オウンドメディアのKPIをPVに置いてしまうと事業KPIとの紐付きが遠すぎて、結局投資の意思決定の時になんでやってるんだっけ?となってしまうと思います。
大事なことはPV以外のKPIを持つことで例えば、オウンドメディアからの本体ページへの送客数、課金数もしくは、プラットフォーム上(FB,Twitter,インスタなど)のファン数、メルマガ会員数などにすべきだと思う。
弊社でもオウンドメディアを運用していますが、成果が出始めるまでに1年以上かかりました。今ではオウンドメディア経由の問い合わせはもちろん、打ち合わせ相手が事前に対談記事を読んでくれて商談がスムーズになったり、良い事づくしです。短期的な成果ではなく、ブランディングも含めた長期的な目線で運用すれば、今でも有効な手段の一つかと思います。
独自インタビュー記事など良いコンテンツが消えてしまうのが残念です。

フミナーズ面白かったんですけどね。
麻酔の話とか
https://newspicks.com/news/3700716/
新着記事一覧
大赤字で社員3割超が早期退職、急成長の投資用アパートTATERUの転落 - Close-Up Enterprise
Diamond Online
2Picks

2. 議論を活性化するモデレーター講座①「質問は、短く切って、テンポよく」
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
2Picks

3. 議論を活性化するモデレーター講座 ②「しゃべらない人は、切り捨てる」!?
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
3Picks

4.「この人、ネットのインタビュー記事と同じことをしゃべってる……」イベント参加者をがっかりさせないために、司会・モデレーター役は何をするべきか?
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
4Picks

6. トークセッションを活性化する“小道具”とは
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
2Picks

7. モデレーターは前に出るべき? 黒子に徹するべき? トークセッションの「空気」を操るモデレーションの極意
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
2Picks

8. 控室で盛り上がってはいけない!トークセッションの成功を決める「控室マネジメント」【終】
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
3Picks

「MINI」誕生60周年イベントで見た熱気、1000万台達成の次の伝説は? - CAR and DRIVER特選! ドライバーズ・インフォメーション
Diamond Online
3Picks

Apple Cardは、iPhone販売の秘密兵器だ
Business Insider Japan
4Picks

思いつき20秒でロゴ作成。Shopifyの無料ロゴ作成アプリ「Hatchful」が便利だった話
Business Insider Japan
5Picks