新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
譲渡企業の価値は企業の現有資産及び負債、その企業が生み出す利益予測、事業継続に必要な追加資金などから価値を検討しますが、特に事業承継は日本企業の課題となっており、案件によっては、相当安価で買うことが可能です。

また、当記事のような設立間もない会社であれば、新創業融資やマル経融資等のデットファイナンスでも資金捻出できる可能性はあり、割と誰でも簡単に社長になれてしまいます。また、以前は仲介手数料で数千万と言われることがザラでしたが、今は安価で仲介するサイトも出てきています。

これまで、譲渡・買収はネガティブなイメージが強かったですが、グローバル企業がその印象を大きく変えたと言えます。アメリカでは、GAFAに買収される方がIPOするよりも誉だという企業も少なくありません。

なお、買うこと自体もそうですが、その後のPMI(M&Aによる統合効果)がさらに重要です。
もう事業が成り立ってるものを引き継ぐので、起業するより不確実性が低いというのは間違いないですよね。
少なくとも売上ゼロ、実績ゼロからスタートする必要がないので。

マイクロキャップのM&Aは活用できるリソースも限定的なので、リスクの所在を買い手が細部まで認識しておくことと、きちんとグロースさせられるかの自信があるかが重要と思います。
そのリスクおよびグロースは自分がマネジメント可能なものなのかどうか。

そもそも日本のマクロマーケット自体がほぼ成長しないのですから、成長させようと頑張ってトントンぐらいの心意気でやると、当事者のハラが決まってないと買ってもうまくいかないですよね。
いやこれ本当すごいマッチングだ。可視化して救われる継承の形ってあると信じさせてくれる。
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
1,825 億円

業績