新着Pick
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国でノウハウを貯める。新しいけど妥当な判断。
キャッシュレス決済はすでに露店でも当たりまえになっているうえ、新しいものの浸透が早い国。
ネットリテラシーの低さや規制を考えると、他国でデータとノウハウを貯めて日本に満を持して持ち込む流れは新しいけど妥当な流れと感じた。
中国のOMO施策を学習し、日本へ逆輸入。かなり期待できる文脈ですね。

日本と異なり中国はPoCを繰り返し、新しい技術を浸透させるのが得意です。
しかも消費者が日常で使えるレベルにまで。

知的財産領域においては、日本は中国に模倣されている部分も多いですが、少なくとも技術・マーケティング領域においては日本は中国を参考にすべき。
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
3,705 億円

業績