新着Pick
806Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファクト、データに基づく報道。中国が取りすぎてるからだ、とかの印象論でしかないものを丁寧に否定しているのが良いですし、魚の種類別に細かく危機度判定した表に気合いを感じました。WWFの一会員としても嬉しい。
話がそれるのと、身内をわざわざコメント欄で褒めることもないのですが、構成が素晴らしすぎます。。データ、デザインもとても良かったです。

わたしのように、ふだん接しない領域に関して、文章で読む気力がない方にぜひ読んでいただきたいです

ニュースに触れる、はじめのきっかけになるような、きちんと工夫されている記事はいつの時代でも必要なものですね
元々、中国も公式に「日本の漁獲量減少の理由を中国のせいにするな」と発言していることもあり、本当の原因は何なんだろうというのは気になっていたところ。

ただ、その一方で以下のニュースのように、「爆漁」という言葉で表現されるようにデッカい中国漁船が大量に魚を漁獲していて困ってる、という報道もあり、一体何が真実なんですかね?

https://www.sankei.com/smp/premium/news/160221/prm1602210002-s.html
これまで諸説あった、漁獲量減少の理由をスライドで丁寧に解説しました。個人的には中国が理由だと思っていたので、問題の真相を知り、学びになりました。
日本の漁獲量が減っている原因は、本当に日本国内の乱獲だったのでしょうか。高齢化や漁業従事者の減少というのは考えられない?

かつてはニシン御殿やさんま御殿、イワシ御殿などが建つほど魅力的な漁業でしたが、そのフィッシャードリームがなくなったことも要因のひとつでは。

とか、いろいろ考えさせられるレポートでした。
考えたことのない領域なので、楽しく拝読しました。

が、最初の章で、
・中国に取られている
・温暖化原因
ではない話は、非常に論理的なのに、
・国内の漁師が取りすぎ
という答えを導く理屈が少し飛躍がある気がしました。

普通に、需給バランスと輸出入の量から、取れなくなったのか、取らなくなったのか、を定量的に知りたいなぁと思いました。
グローバルでは、増加するタンパク質需要への対応及び水産資源管理のため、天然漁から養殖魚へ生産体制を移行しています。
中国も天然漁ではなく、養殖魚の生産が大幅に伸びています。

水産資源管理を行うとともに、増加するタンパク質需要のチャンスを捉え、日本の水産物・養殖システムの輸出を強化していくべきだと思います。
漁獲における乱獲がとまらいのは、まさに経済学でいう共有地の悲劇、フリーライダー問題があるからこそ。乱獲を明確に禁じるためにも、出し抜くインセンティブを小さくしないとですね…
規制による漁獲量の回復について、ノルウェーのい事例が載っていましたが、更に根拠のある具体的事例を知りたいですね。規制しか手はないのは理解します。一方で日本が規制政策については先を言っているのかと思っていましたが、世界的にみると更に厳しい論理があるのだと知りました。世界的にみると漁獲量は減っていないとの論考ですが、増えてもいませんし、このままだと減るのは間違いないのでは。世界で歩調を合わせて規制していくしかないですよね。その輪を広げつためにも科学的根拠が重要です。

岡山の知人が以前こんな風に話していました。昔話です。子「母ちゃん! 腹減ったよ~。おやつ頂戴!」 母「自分で獲っといで!」 子供はバケツを持って浜に。あっという間にバケツはシャコでいっぱいになり、母はそれを茹でて子に与えていたそうです。そんな日本の原風景には二度と戻れないのでしょうか。

養殖というイノベーションの一方で、「我慢」という戦略で原風景を取り戻したいですね。

更に海洋汚染の深刻化が立ちはだかってくるのでしょうね。それも闘いです。
こういうファクトに基づくビジュアルデータで見れる記事は有り難いですね。漁業の変化、課題を今を生きる僕らは直視して、改善していかなきゃですね
この連載について
政治経済の話題に関する特別レポート