新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第3回目まで、たくさんのピック、コメントありがとうございました。正直NPでは沈黙されがちな話題かと思っていましたが、皆様から「組織の課題」「生産性の課題」として受け止めていただき、ありがたく思っています。

日経記事によれば「米主要企業の経営者団体、ビジネス・ラウンドテーブルは19日、「株主第一主義」を見直し、従業員や地域社会などの利益を尊重した事業運営に取り組むと宣言した。」とのこと。これに対して、日本型に回帰したなどという声もありますが、日本はずっと「社員の人権を無視した」会社第一主義でした。グローバルには従業員の働きやすさ、安全に働ける労働環境などが重視され、その環境を提供できた企業が持続可能な経営として、評価される時代が来ています。
『日本は、マネジメントの上手な人が管理職になるのではなく、現場でのスキルの高い人が上司になることが主流です。
しかし、現場力とマネジメント力は、異なる能力です。
そのため、現場でのスキルは高いものの、マネジメント力の低い人が管理職になってしまうケースも多々起きています。
本当は、出世・昇級のコースとして、マネジメント派と、現場を極める派の2つの道を用意するのが良いと、私は考えています。
それから、管理職になっても、それはただの役割に過ぎず、「上の立場」になるわけではない、という制度を取っている企業もあります。
そうした企業では、1年たったら上下関係が入れ替わることも多々あるでしょう。
そういう中では、人をアゴで使ったり、人格否定をしたりする行為はしづらくなります。』

納得です。キャリアは個々人の強みを磨くべきです。管理職には人を愛せる、他者の成功を願い人こそがなるべきです。

STAY GOLD!
まさに私も先日社内のオンライントレーニングを受けたばかりです→「管理職にはハラスメントにならない指導方法を、企業が教育してあげたほうがいいと思います」
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。