新着Pick

アジア諸国でも急成長する「都心型ドラッグストア」―「毎日が物産展」で成功する日本のローカル企業も!?

ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の小売業がグローバル競争の中で生き残っていくためのヒントをもらえる記事。

日本の文化特性や地域性を活かしたブランド構築が鍵だと感じる。

サツドラのような、
・特定の地域(北海道)に集中出店
・地域顧客のインサイトを徹底把握(定量・定性ともに)
・地域特性を活かして徐々にエリア拡張
という展開をするところが持続的に成長していくのではないかと考えている。

地域マーケティング事業の中にEZO CLUBというコミュニティも運営しており、このような取り組みが優位性獲得に繋がると感じている。
アジアのドラッグストアは薬のみならず化粧品や食品を多く扱ういわゆる「スーパードラッグ」業態として成長しています。

成長要因はいくつかに分解されますが、
クレジットカード・銀行口座普及率が高くない国が多く、ECよりもオフラインでの購入機会が圧倒的に多いこと。中間所得層が増え、積極的にコスメや健康食品をドラッグストアで購入する消費者が増えたこと。などが挙げられます。

日系美容メーカーが海外展開する際、ECではなく現地のドラッグストアやバラエティショップといったリアル流通から攻めることも多々あります。

特に、台湾・タイ・ベトナムなどでは、美容健康ブームが続いており、日本製品は韓国製品と並んで大変人気です。
都市型のドラッグストアはアジアの企業も含め競争も激しいよう。
イオンは「一部店舗にドラッグストアに類するコーナーや健康食品コーナーを設けて人気を集めており、ノウハウの蓄積は十分」なるほど。
郊外型に大きな市場があるとのことですが、現状ツルハが積極的な姿勢を示しているそうです。注目したい。