新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のシェアサイクリングがどうして放置でも成り立つのか、中国の多様な労働者層とビジネスの背景を以前読みましたが、この介護ビジネスもそうした背景から成り立つのかなと思いました。
まだまだブルーオーシャンな中国介護ビジネス。日本や欧州の仕組みや事業を個々に持ち込んでいますが、こうした国内産のビジネスの隆盛がいずれ主流になる日も近い気がします。
特にこの安価な入り口のハードルの低さ、テクノロジーを活用したものは、浸透力として中国介護世帯のオープンソースのごとく広がりそう。そうするとそこに新たなオプションを追加していけば売れる可能性も出てくる。良い商品を売るのではなく、インフラ化を狙っての戦略。そりゃぁそのうちオフラインの事業者は奪われていくでしょうね。そうすると介護ビジネスじゃなくなる介護ビジネスですね。
中国の公的介護保険制度も控える中、このビジネスモデルが一番の中国介護のダークフォースかもしれませんね。
スマートケアの導入がとても早いですねー!!

日本では、「まだまだ先のこと」という印象があるのに・・・。

ユニコーン企業のほとんどが米中にあるせいか、新しい企業が新しいサービスをどんどん打ち出してくる。

おちおちしていると、日本に進出してきそうです。
まあ、ユーザーにとってはありがたい話ですが・・・。
文中にもあるように、まだビジネスとして収益化できるレベルにはないだろう。

しかし中国で今後増加する膨大な健常高齢者向けのケア市場においては、中国が得意のIoTを用いたサービスの重要なターゲットになる。

こういう「ビジネスモデルが見えない」事業でも、顧客ボリュームの大きさと実地でのサービス改善の可能性にかけてスタートしてしまうのが、中国のITサービス業の優れたところ。

実際、この事業でも例えば「公的高齢者向けサービスとの連携」、「高齢者医療サービスの効率化ツール開発」、「高齢者向けIT端末の商品化」などといった観点で、何か未来がありそうな事業だと思う。
>しかし、こうした低額サービスの目的は、
>月の年金が数百元しかない場合もある高齢者顧客から
>儲けを上げることではない。
>狙いはオフラインのサービス業者から顧客を奪うことにある。

参入した企業の目的がマネーゲームに転じることなく、転売することなく、産業が大きくなるまで一緒に育ててくれればいいのだけどね。
この領域は高齢者社会先進国の日本がアナログ・デジタルの掛け算で展開していって欲しいなと思う部分です。
需要があるとはいえ、テクノロジー企業のサービスで高齢者を取り込もうとするにはハードルも高いもの。
そういう意味で、本記事で紹介されている企業のサービスはとても興味深いです。1日15円と非常に安価で、サービスも手厚い。「音声による呼び掛けに反応して医療センターに電話をつなぐ小型ロボット」というオプションも1日30円で追加可能とのこと。

低額に抑えているのは「狙いはオフラインのサービス業者から顧客を奪うこと」だそう。非常に納得感があります。

また、科創板への上場も視野に入れているようです。
参入からスケールまでの期間が圧倒的に短いのが中国の特徴です。

市場が大きいので、一人勝ちしなくても、ビジネスにはなるので、後発参入も可能です。

かつ、資金的には「行ける!」と思えば、一気に巨額な投資がなされるので、心配ありません。

本来、日本が「超高齢化社会」の先進国(?)だったのですが、この勢いだと、中国にもっていかれる可能性もでてきました…
中国の方がテクノロジー導入に前向きなので、どんどん進みますね!