新着Pick
1153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
QRコードという読み取り方式における優位点は計り知れないでしょう
同時にQRコードジャッキングなどのアナログな攻撃手法も多く存在するわけですがきちんと対策すれば全く問題ありません
あとあれですね
別に日本人が個人情報に敏感だから終了したんじゃなくて過失があまりにも大きいから7payは終了すべくして終了したでしょう
未だに役員に責任追及が及んでいないことが不思議でなりません
法人ごと倒すならまだしも
本稿は、間違いとは言えませんが、僕の見方とはまったく逆行します。ちなみに、モバイル「Suica」の使用感は僕にとっていまだに一番です。中国に来るまでは、他のQRを一切拒否してきました。ところがです。作者は肝心なことがヌケています。簡便さゆえに、限界があるのです。たとえば、QRとはスマホを使い、画面表示を見ます。商品メニューの選択や、情報の案内、アンケートまで行うことができます。デジタル的簡潔なやりとりから、双方向の対話に移行できるのです。中国ではレストランのメニューさえ不要になっています。机にQRが貼ってあるだけです。

もっと言いましょう。感知端末がいらないため、テレビの画面に映ったQRを読み込みさえすれば、有料番組さえ簡単に決済できてしまいます。売り手がQRを発行する時は、紙でも、スマホでも構いません。これまた簡単なので、ほぼすべての決済がスマホで済むようになります。大切なことは、決済サービスを提供する側が、問題発生時にあらゆる補償を行うことです。僕個人で言えば、アマゾンの体験からクレジットカードのオンライン決済に抵抗がなくなり、中国の二大サービス(WechatやAlipay)の経験を経て、QRにも自信を深めました。

楽天とSuicaの提携。楽天にとっては全決済方式を取り込むという包括戦略のひとつです。本稿作者の見解と異なり、僕は、これで「Suicaは救われた」と考えます。簡潔ゆえにその貧弱な対話能力に、楽天のアシストが加わることで、多少の「愛着」が生まれると考えます。結論:QRはリアルとデジタルとをつなぐ無限の可能性を秘めていて、Suicaを交通系の枠に押し戻す可能性すらあります。ゆえに、現状にあぐらをかかなかったSuicaはお見事です。ぜひ両陣営で切磋琢磨していってほしいと思います。
android版のモバイルSuica、UI/UXはサイテーですけどね。

・未だにガラケーの様なインターフェース
・ものを買ったときの利用明細が「物販」でしか表示されない
・JR東日本じゃないと、電車の利用も「出発駅**** 到着駅****」と表示される
・クレジットカードチャージの時に、たまに「クレジットカード初期化中 3分お待ちください」となる。改札の手前で3分待たされるのは結構滑稽
・還元の恩恵がない

※追記
極めつけは、なんでモバイルSuicaアプリにアドセンスの広告張ってんすか?
ゲーム以外のアプリでアドセンス張ってるアプリ、見たことないんですが。
Suicaを使わない日はないです。
QRコードは◯◯Payが多くなりすぎ、登録も面倒な気がして、キャンペーンをやっているのを知りつつ、いつの間にか時間が経過。
毎回アプリを立ち上げるのがこれまた面倒。(単に面倒臭がり屋なだけですが)
楽天モバイルにデフォルトでSuicaが搭載されるんでしょうか。
そして、ポイント連携もなされるとすると、確かにまた一歩前に出るかもしれませんね。
う~~ん。考察が足りないと思います。例えば、単なる決済だけで考えれば、SUICAの方が圧倒的に良いでしょう。ほぼ何も考えずに、操作不要で決済できますから。ただし、人手不足の個人営業のレストランでの決済を考えると、メニューにQRコードを載せて、注文から決済まで一気通貫で終えられるQRコード決済が良い訳です。雑誌にQRコードを印刷して通信販売に使うこともできます。つまり、決済のユースケースに応じて、どちらが良いかは異なるということです。

改めて、各々の強みをまとめると、

SUICAの強み
- 決済スピード
- 公共交通機関にも使える

QRコード決済の強み
- 注文から決済まで一気通貫で行える
- 高額な専用端末が不要(印刷されたQRコードだけで良い)
- 決済上限が高い(SUICAのは、決済上限はチャージ済みの額で、20,000円)
- 割り勘などにも柔軟に対応できる(SUICAもやろうと思えば出来るだろうが)

どちらも間違いなく、生き残ると思いますよ。
電子マネーのSuica一択という筆者は、この戦いをただの決済の視点からしかみていない。重要なのは総合力。決済、CRM(顧客管理)、個人間送金、ポイント経済圏、信用情報からのリボやローン。これら全てが揃うところが生き残れる。Suicaはこの殆どがない。
Suicaは確かに便利ですが、前払いの割に(記事にもあるように)ポイント還元が低いという欠点があります。

また、チャージ金額が少額だと残高不足になる恐れが多々あります。
(楽天との提携で解決されるかもしれませんが)

以前、前払いのLINEペイカードが5%還元を行っていました。

Suicaは莫大な前払い金が滞留していおり、使い切られないケースも多いと思うので、もっと大胆な還元が求められます。

今の状態なら、ポイント還元の高いクレジットカードを私は利用します。
個人間送金がSuicaでは出来ないし、店舗側の導入コストはQRコードと比較すると高い。後者は運用コスト(スタッフの手間)とのトレードオフなので、徐々に導入時の障壁にはならなくなっているとは思う。

それ以外では、確かにSuicaは便利だ。しかし、AndroidのモバイルSuicaの酷いUIを見て、こんなのが日本で一番期待される決済アプリだなんていう現状を再認識するたび、本当に日本は終わってるなと思わざるを得ない。
Suica最強説は、現在のところ、都市部に限った話です。確かに、使い勝手で交通系ICカードの右に出るサービスはありません。ただ、地方には、使えない店舗がたくさんあります。
導入のハードルになっているのは、導入コストと手数料。この二つの課題を比較的容易にクリアできるからこそ、QRの普及を進めているわけです。

“完全”キャッシュレス化を目指すワケ、キャッシュレス推進協議会 福田事務局長が語る
https://www.bcnretail.com/market/detail/20190717_128381.html
言うまでもない話。
賢者はバラマキ時以外にQRコード決済使ってないでしょ。

なぜQRコード決済が盛り上がると思うのか。それが意味不明。
株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.80 兆円

業績

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
3.96 兆円

業績