新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最後に「授業」とあるので、そういう目でみると、まとめの部分に what? と how? はあるのに、why? がありませんねぇ で、そう思って、記事中に why? を探すと、つかみのストーリーがちょっとあるだけですねぇ この、("近年外国の偉い人々が話題にしてるから"以外の) why? の欠如または軽視、はニホンの工学研究論文にも大変多いパターンである、という印象ですよ

あ、ソフトロボットの意義についてクエスチョンしているのではないです その (言外の) 意義を、明確に伝えようとしない「授業」の設計思想がクエスチョンなのですねぇ そういう、why? を何事にも明確にしない、突き詰めて考えさせない授業を、小さい頃からずっと受けてきた学生さんを想像して見て下さいね

さあ皆さんどーぞ、why 3回いうやつ 「why ソフトロボット?」 から :)

と、日曜の朝に思いましたよ ナマイキイッテスミマセン

まあ、紙面の関係なのでしょうけどねぇ
ロボットだけでなく、車もぜひ!

息子とよく「柔らかい車があったらいいのになー」と話します。
自動運転、免許証の年齢、交通ルール…色々あれど、スピード出してかたいから事故おきるなと。

記事にある「自己治癒」や「予期せぬことへの対応」、色々ヒントが。
梅舘拓也さんの研究が紹介されています。今、ソフトロボが熱くなってきています! 科研費新学術領域「ソフトロボット学」や山形大学OPERA「ソフトマターロボティクス」などの研究プロジェクトが進行中です。
2014年度の1年間をボストンで過ごしました。たくさんのすてきな研究者に会いましたが、群を抜いていたのが梅舘さん。シンプルさが持つ奥深さを語る姿に、「研究って、本当に楽しい」という思いを新たにした方も少なくないと思います。すてきな挑戦を広めてくれる、すてきな企画ですね。
生き物の形態を真似したバイオミメティクスの1領域なのかな?でも、形態というより動きに着目しているところが面白いですね。動画と合わせてみるとイメージしやすい
学問の最先端には、実は大人にこそ役立つ知識が詰まっている。そんな思いで、「大人の課外授業」という連載を、スタディサプリさんとコラボで始めました。