新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらですね。芳香族ポリエステルを溶液キャスト法でフィルム化しているとのこと。
★ FPC、FCCL用液晶ポリマーフィルム(LCP)「SARAS」
https://www.ipros.jp/product/detail/2000411691?hub=149+1110874


5Gの高速通信のためには、低誘電損失であることが要求されますが、
同時に、フレキシブル基板であるからには耐熱性、機械特性、接着性(ベースフィルムと、配線になる銅箔の接着性という意味)などが必須です。
一般的に液晶ポリマーは低誘電損失ですが、ほかの熱可塑性樹脂と同じく接着性と耐熱性が悪く、銅箔との接着性や加工性が良くないので、そこを改善できるかが重要です。クリアできたなら確かにニュースになりますね。
他社で液晶意外にも試みがあるので今後もこのようなニュースが増えそうで、興味深く見ています。
液晶とはいってもテレビの液晶ではなく、液晶樹脂というエンプラの一種。
先日の下記のDICの工場での火災(①・②)は、この樹脂を作っていた。こちらの会社のHPをみると、日東電工などと同じで粘着・延伸・塗工をコア技術としている会社にみえ、おそらく材料については調達をしていると思う。その意味で、サプライチェーンへの影響が気になる。
5Gでのノイズ特性起因で需要が伸びる可能性という点では、こちらのフィルムだけでなく色々なLCP樹脂需要が伸びる。村田のメトロサークもその一環(③)。
https://newspicks.com/news/4114132
http://www.dic-global.com/ja/release/2019/20190805_01.html
https://newspicks.com/news/3220011
>自分が社長でなかったら、とっくに撤退していた

こういう製品が、技術進歩によって突如脚光を浴びることになったのですねー。

まさに、禍福はあざなえる縄のごとし です。

私にも、そろそろ「福」が来てもいいはずなのですが(笑)
5Gの機器向けとして今後需要が急増するという液晶ポリマーフィルム。
今後その量産を始めるという埼玉県所沢市にある共同技研化学。気になります。