新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ニホンとメリケンの大学(と高校)は随分違うと思います、学生さんも教員さんも環境も なのでこの記事、メリケンの典型的なフレッシュメンさん (1年生の事です) には有用なアドバイスの気がしますが、あまりピンと来ないかもですねぇ、ニホンの方々には

あ、そう言えばフレッシュメンて、性差別語ですかねぇ、今気づきました フレッシュパースンって言わなくちゃかもですねぇ、そのうち

https://newspicks.com/news/4068206
大学に行く前は高校生ですよね?
多分、一番笑って過ごしたような気がします。
とにかく毎日が楽しかった記憶しかありません。
だから、私は大学に行く前には、高校生活を楽しんで欲しいです。
自分の場合は、自分の根底に流れている価値観だけを見つめ直しました。何が好きか、何を変えたいか。得意不得意や専門性は二の次だと思いました。
GPA的なものが日本だとあまり重視されてこなかったですが、理系、テクノロジー採用が増えていく中で重視されるようになっていくかもしれないですね。

現状ではGPAの採用は少ないとのこと。
https://journal.rikunabi.com/p/advice/29280.html
現実問題として、会社員として高収入を得たいのであれば、高学歴が必須です。

会社四季報には企業ごとの平均年収が載っています。

つまり働く企業で収入はほぼ決まります。

そして平均年収の高い企業は、高学歴でないと書類選考で落とされます。

さらに入社した後の昇給も学歴が大きく関係します。

慶應卒で有名メーカーに就職した叔父は、東大出身者には給与面で勝てないと言っていました。

仕事が出来ても学歴がないと、会社員として高収入は得られないという残酷な現実です。

こちらの記事には、卒業生の年収は東大が1位になっています。
https://newspicks.com/news/4100136/

だから綺麗事は言わずに学歴は大事です。

ただし高収入を得ることが幸せに直結するわけではないので、高学歴なら幸せになれるわけではありません。

年収の高い大企業は激務で転勤も多いでしょう。
単身赴任をして、可愛い子供の成長も満足に見れないかもしれません。

あくまでも会社員としての収入面だけを見た場合の話です。
記事の4点目に記載されてる大学時代に学業を真剣に考える、当たり前のようだけどこの時期にやるべきことをしっかりやると未来が開ける社会でありたいものです。
大事なのは「教えてもらう」というスタンスを早く捨てること、ですね。
大学は、教えてくれる事をこなせばい所ではありません。自分で考え自分で行動する所。4年間かけて、じっくり、じっくり考えるのです。そうすれば自分がなすべき事が見えてくるはず。これは自分オリジナルなので、他人の共感は期待しないこと。それも大事。
たぶん大学行く前にこんなの教えても変わらないだろうし、たぶん言われてても覚えてない。
高卒時のモチベーションはそんなもんだよな。
日米で「大学」の位置づけや内容が全く違うので、海外のForbesの記事を、そのまま翻訳して、日本で展開しても、ほとんど意味がないと思います…

それほど、「大学」というものが日本と米国では違うのです。

その部分を追加するとか、日本版で編集するなど、付加価値の追加があれば、すばらしいと思いますが…