新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
携帯電話のような商材からインフラに舵を切ったのは当時としては勇気のいる大英断だったと思いますが、ノキアの携帯がなくても誰も困らないが、ノキアの通信網がないと困る、という状態になれば、その意思決定が正しかったという証明になりますね。
ファーウェイへの逆風が強まるなか、基地局ベンダーとして着々と顧客を取りにいっているのがノキア。スマホの台頭で一時は倒産もささやかれた会社ですが、別の活路を見出しています。
ノキアのシラスマ会長のお話の中で、面白いと思ったのは「2秒で動画をダウンロードできることが、5Gの本質ではない」ということ。5Gでどのような未来が考えうるのか、引き続きウォッチしていきたいと思います。
5Gの本当の凄さは生活者向けのエンタメではなくBtoBやBtoGであるというのは同感です。エンタメでも生活者向けより制作現場のワイヤレス化のインパクトが大きい。ケーブル設置しなくても映像が瞬時にクラウド上に乗るのは大きいですよ
"5Gになれば、反応速度が速まり、ロボットを無線で操ることが可能になります"
5Gでロボットの性能が激変する。コンシューマー対象のビジネスより、ビジネス向けのソリューションが劇的に変わる。たしかにその方がメリットを享受できそうです。
Nokiaトップへのインタビュー。BtoCではなくBtoBでの進化が5Gにおいての一番革新的な部分といっているのが印象的。
これが経営の意思決定。こういう意思決定をロジカルに出来るようになっていきたい
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別インタビュー
ノキア(英語: Nokia Corporation、フィンランド語: Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。現CEOは、Rajeev Suri。 ウィキペディア

業績