新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
早晩、米国から中国への輸出が地産地消に切り替わると思いますが、ドルベースの利益額確保には値上げなんでしょう。また、値段を上げても一定需要があり、値段を下げても拡販が進むわけでもないことももう一つの理由かもしれません。
世界新エネルギー車販売ランキング(2019年1~6月)という資料によれば、

1位 テスラ…16万台、2位 比亜迪…14万1500台、3位 北京汽車…6万8900台

4位 上海汽車…6万4500台、5位 BMW…5万6500台となっている。

比亜迪との差は僅差でしかない。しかも比亜迪は、トヨタと提携し、トヨタブランドEV車の生産に乗り出そうとしている。

テスラ上海工場は、初めて外資独資で進出し、中国の自動車工業に風穴を開けた功績がある。しかし、米中貿易戦争の影響だけでなく、中国国内勢も意識しなければならなくなった。値段を上げて、ブランドイメージを向上させるのもありだろう。ただしモデル3だけで戦えるかどうかは別問題ではある。