新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
WHOが生殖細胞に遺伝子操作を施した「デザイナーベビー」を容認しない方針を明らかにし、各国政府に対していかなるものも許可しないよう求める声明を発表。ただ、この分野での研究の一律停止は求めていない。
CRISPRのコンポーネントは、インターネット経由で容易に入手できる。このため、規制を無視すると決めた科学者が体外受精のクリニックなどと結託してデザイナーベビーを誕生させるのを防ぐために、WHOができることはほとんどないのが実情といえる。