新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ベトナムは製造業の一大中心地になろうとしています。そのうえで、これからベトナムは中国(や韓国)になろうとしているのか、それともタイになろうとしているのか、が興味深いところです。製造業中心の輸出主導型発展とか雁行経済論とかいっても、東アジア諸国の経済発展のあり方は一様ではありません。無理をしてでも鉄鋼に代表される素材を自国でつくってきたのは日本、韓国、中国だけです。この3国が世界的に知られるメーカー、ブランドを輩出してきました。
 八幡製鉄所や朴正熙時代の浦項製鉄(現在のポスコ)や中国の宝山鋼鉄は、国家主導で、採算度外視でつくられたものですが、これら3国が世界的なメーカーを輩出していった基礎になった面もあります。石油化学工業やアルミニウム、その他の素材についても同じようなことがいえます。
 一方、タイやマレーシアのような国は、製造業主導といっても、日本企業に場所と労働力を提供してきた、という面が大きいです。独自の素材産業も成長せず、結果として自国発の世界的メーカーやブランドも現れませんでした。
 ベトナムはどちらになるかというと、民族資本というべき企業の台頭が顕著です。たとえば、ビン・グループです。
https://bit.ly/31oXsPY
 素材産業も伸びていますが、ベトナム政府による起業振興が、非常に活発です。
2020年までに100万社起業、ベトナムの描く起業国家戦略
https://www.projectdesign.jp/201802/world-venture-companies/004514.php
 人口が1億人を越えるベトナムは、おそらく、韓国もしくは中国のような製造業の盛んな国になっていくのではないでしょうか。
ベトナムの全体的な理解をわかりやすくまとめたNewsPicksオリジナル特集をかいたことがあります。三年以上前になりますが、本質的な理解にはかわりがありせん。

「カントリーリポートベトナム編 活況のベトナム経済、変貌する社会主義国」

https://newspicks.com/news/1466942

今、米中貿易戦争で、ベトナムが棚ぼたラッキーみたいに言われますが、もっと前からこの国は動いていました。また、ASEAN、WTO、TPP加盟、そしてRCEPへという自由貿易体制を巧みに活用していることも重要です。

一時的なブームだけでなく、歴史、社会にまで視野を広げることが必要です。本気でのこの国とビジネスをし、理解をしようとするならば。

仏領インドシナ時代、ふたつの大戦、ベトナム戦争を経て平和な時代を迎えましたが、高インフレと貿易赤字、それとセットのドン安という負のスパイラルを抜け出して安定、テイクオフに向けて。

ベトナムに関する書籍を読み、ベトナム内外でベトナム人と話しをすると、この国の人々の力強さとしなやかさを感じずにはいられない歴史と現代があることに気付かされます。

それがあってこその、「漁夫の利」。ベトナムは、タダ単に口を開けて待っていたのではない。
ベトナムの急成長。人口1億人で労働人口が毎年100万人ずつ増えているのに、人手不足の懸念が出ている。21世紀はアジアの世紀と言われるけれど、みるべきは日中韓やインドだけじゃない。
ベトナム「世界の工場」化は駐在していた2014−2017に体感していました。日系、外資籍含め20以上の工場を見学する機会に恵まれました。有名なのはここにもあるハノイ郊外のサムスン、ナイキなどですが、いち早く根付いていたのは何とサンヨー(現ハイアール、ブランドはAQUA)です。約30年前にホーチミン郊外に大きな工場を作りベトナム人を大量に採用して’白物家電’を生産。ここから日系の工場は働きやすい(清潔、食堂のご飯が美味しい)というイメージができて、後発企業も人を採用しやすかったのでないでしょうか。

なぜ脱中国なのか。マクロ的には米中摩擦もあるでしょう(最近ベトナムで問題になのは中国製にMade in Vietnamのタグをつけて輸出)。ミクロで見ると某企業の方曰く、元は中国に工場を持っていたが中国人はストをする。また大きな工場だと工員は寄宿するため、オンオフの切り替えができずノイローゼになり自殺する人も増えた。その点ベトナムの工場は、北のハノイ、南のホーチミン周辺のいわゆる工業団地にあり、みんなバイクで通勤します。家族第一。残業ナシで時間内にきちっとノルマをこなします。そんな人的要素も見逃せないと思います。

サムスンも先見の明がありました。10年前に移し、今はベトナム最大級の工場を運営。大量の雇用機会を提供しているため税金面での優遇が半端ないと聞きました。リスクと利益は比例する好例ですね。

なお日本の皆さんにもっと体感していただくなら、着用しているユニクロのタグを見てください。多分ベトナム製。女性の場合ワコールのブラジャー。昔はタイ製でしたが最近はベトナム製かと。トイレでこっそりご確認ください(笑)。
ベトナムは米中貿易摩擦のメリットを受けているようで、トランプ大統領の攻撃も受けていることが伺える。
衣服などの軽工業については、貿易摩擦前から中国の人件費高騰でベトナムやバングラデッシュなどが期待されていた。一方で、中国は機械投資による生産性改善と国内市場も大きい。これまでの他国での軽工業→重工業シフトほどに、軽工業はシフトせずにこれまでも一大生産地であり続けた(①)。
米中貿易摩擦を受けてベトナムからの衣料品輸出は増加(②)。一方でそれゆえに人件費も増加し、むしろ生産計画を変える企業が出てきているのが現状(③)。
https://newspicks.com/news/1599434
https://newspicks.com/news/3436539
https://newspicks.com/news/4052274

電子機器については、記事にあるようにSamsungにとってベトナムは一大生産拠点。なので数年前に発火事件があったときにはサプライチェーンへの影響が懸念された(④)。組み立て部分だけでなく現地化も進めている(⑤、⑥)。
一方で半導体は韓国から持ってきたり、まだ電子部品メーカーも中国ほどにはできておらず、EMSの進出も少ない。その意味ではサプライチェーンの広さ・深さはいまだに中国が圧倒的。そのなかで潜在的な市場規模も含めて、今後サプライチェーンがどの国に投資するかという観点では、Samsungのインド工場含めて、インドとの争いだと思う(⑦)。
https://newspicks.com/news/1851035
https://newspicks.com/news/2578750
https://newspicks.com/news/3463255
https://newspicks.com/news/3161622
ベトナムは、東南アジアの他国およびアフリカより、労働者の「質」は明らかに高いです。コストパフォーマンスと管理から考えると、ベトナムで生産拠点を置くのは一番です。
しかし、中国より、人口は少ない過ぎ(一億未満)。
20年前の中国のような「世界工場」はもう既にどこにもないです。
アメリカの大統領というのは凄い影響力を持っていると改めて痛感しました。為替で「口先介入」という手法がありますが、その背後にある影響力で一国の経済を左右する。結果的に中国への依存度が下がり功を奏しています
キャパを超えるほどの大人気になりつつあるベトナム。人手不足がそんなに進んでいるとは。人件費はこれから上昇する。

となると、次はどこの国なのか。日本企業は日本に里帰りするのが賢明だと思う。
中国の場合は、国内(台湾含めて)企業がEMSとして存在。ベトナムは国外企業が多数。国外の技術が国内企業に流れ、自国企業の生産や開発に転用出来たのも、中国企業が成長した要因の一つ。
ベトナムの国内企業は、どんな形で成長していくのだろう。技術面での提携とかも進んでいるのでしょうか。
手術用針などを作っているマニー(7730)は早くからベトナムに工場を作ってますから、先見の明がありますね。