新着Pick
368Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お恥ずかしい話ですが、自分がいかにバカだったか、話しているうちに思い出してきて、改めてイヤな気分になりました。一部の本当に優れた人は別にして、若い頃はこういうバカが少なくないような気がします。反面教師としてお役立てください。
今回は、楠木先生が学者デビューした年、国際会議で「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンに優ってベスト論文賞を華々しく獲得した裏側のお話、そして早崎先生が日本では受け入れられなかったのに、韓国では受け入れられた理由が語られ、とても興味深いです。

キーワードは謙虚です。モチベーションの源を変えることで、30代で行き詰まりやすい人生の打開を図る。率直な実体験のお話だけに、とても響きました。
逆風が吹いていても、大学教員ポストを得ていれば真っ向から立ち向かって研究を続けられますが、ポスドクは2、3年契約なので、契約が切れたらそこで終わります。当時を振り返ると、ポスドクとは身も蓋もなく吹けば飛ぶような存在だなと実感しました。さらに日本のマーケットはほぼ絶望的でポスドクのポジションですら海外で探さざるを得なかったのです。その結果、欧米と韓国のポスドクのポジションを得るに至りました。当時僕が研究していたテーマは世界的にもまだマイナーで、欧米のポジションではボスの研究を手伝うタイプの仕事で自分の思うようにはできないと分かり、自由に研究ができそうな韓国を選んだのです。「安定したポストを得る」というとチャレンジングではなく保守的という印象を持つ方もいるかもしれませんが、大学教員のポジションを取れるかどうかは研究者にとっては文字通り死活問題なのです。
記事には、これからの仕事、働き方についてのヒントが散りばめられています。例えば、自由に関する記述。「自分の中に基準がないうちの自由は、本当に苦しいですね。」副業、兼業、フリーランスが増える一方で、個に視点を向けると、自分で自由を規定出来ていないと辛い。なぜなら、それまで会社に管理されていたものが無くなるから。

“「自分以外の誰かのため」という仕事観になっていないと、役に立たない。結局、本当の評価もついてこない。”
これもご指摘通りです。
急速に社会情勢も技術革新も進む現在、研究だけではなく仕事も同様だと思います。
直近のインパクトがいくらあっても、継続的なものにはならず、世の中的なインパクトを残すのが非常に難しくなっていると感じます。
何が流行るのか、どうやったら受けるのか、それも重要な要素ではありますが、本当に世の中にとって必要なことを考え、真摯に向き合っている人に勝ることはないと思います。
>学会内ではインパクトがあっても、世の中的にはインパクトはない
面白く読めました。本文にもありますが、クリステンセンさんの本を読んでると「人類の資産となる知を残したい」という勢いというか、想いのようなものを感じます。そしてその次元の知性。
楠木さんがそうだったように、若い頃から、ホンモノの人と出会い、その格の違いを知るというのは人生で振り返ったときに、いつまでも語れるような大事な経験になるのですね。
面白い話でした!ありがとうございました😊
「これは本当に仕事なのか。目先の自分の業績だけを考えていて、実際のところ誰の役にも立ってない。これでは仕事とは到底言えない。自分をだましだましやるのにも限度があって、嫌になってしまった。」

→前の職場ではこれに似たような考えでよく自問自答していました。
楠木先生の「ストーリーとしての競争戦略」を読ませて頂いたことがありますが感銘を受け、今も戦略を考える上でのベースとさせて頂いています。
勝負の場のレベルが高いからこそ、自らに向き合い省みることを余儀なくされる。独りよがりではなく、他人、社会、人類に貢献することと自己実現を結びつける。勉強になる。
クリステンセン氏よりも上位になること自体が、希少な経験。
本題はその後。
学者でも起業家でもサラリーマンでも、「自分が本心からやりたいこと、大切だと思っていること」、動機が大切だということは変わらない。
といいつつ、最初から大きな動機が見つかることは少なくて。
宴会芸を突き詰めていった先に、「私A」から「私B」へのシフトが起きて、より大きな動機が見つかっていく。
そういう流れもあるのだと思います。
なんとなくお話をよませて頂いて、(あまり思い出したくない) 自分の若い頃の事をちょっと思い出しましたねぇ まーイヤなやつだったと思います (今でもそうかも)