新着Pick

ココイチ社長が激白!「聖地」インド進出の勝算

東洋経済オンライン
――インドに出店する構想は、いつからあったのでしょうか。10年ほど前に、浜島俊哉・前社長(現会長)が「私たちはカレーを売っているので、将来はカレーの聖地であるインドに出店したい」と言い始めた。私は当時…
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5年で直営店10店舗というペースは思ったより保守的でした。現実感のある数字だと思います。その後はフランチャイズで伸ばしていくとのこと。

味千ラーメンは中国で広がりましたし、紅茶文化のインドでスタバは100店舗を超えています。海外で独自に進化した食文化をチェーン店が適度にローカライズしながら浸透させるのは十分あり得ることですね。

ナンにも言及がありますが、日本のもちもちフワフワしたナンは日本人好みにローカライズされたものです。インドでは北が小麦粉、南が米文化で、北インドのパンはチャパティという薄くてパサパサしたものが主です。インドで食べるナンもこれに似ています。

そうは言っても日本のナンはおいしいし、東アジア系の柔らかいパン屋さんもインドで出てきているので、逆輸入で受け入れられるのは自然だと思ってます。
「働いてくれる社員にも、ほかに負けないぐらい給料を出したいという思いもある。」
「「ちょっと値段が上がったけど、店も社員もイキイキしていて、気持ちよく食事させてもらったのでよかったね」でないとダメ。明るい接客や気配りなどは、いつもフランチャイズのオーナーや社員に語っている。」

→お店の社員を大事にしているのも成功の秘訣かもしれない。一方的に店舗を増やすことだけを考えておらず、商品とサービスで正攻法でもって持続可能な戦い方をされていると感じる。
みんな大好きCoCo壱の強さ×2

①新たな市場でもニーズを捉えて商品をカスタマイズ
→中国市場では女性ターゲットとして店構えとメニューを工夫

②値上げでも客離れを起こさないファンコミュニティ
※トッピングの多さや接客の良さで値上げのストレスを感じさせない
ココイチはカレー自体も創業者も会社としても昔から大ファンだったのですが、ココイチがインド進出って聞くだけで、個人的になぜか今までで一番ワクワクしてしまいます。ココイチはインドのカレーとも違うので競合しないだろうし、

従来の日本のカレーを普及させたい訳でもないだろうから、トッピングを選んで自分だけのカレーを作るという楽しみがインドに広がってちょっと驚く笑顔が増えていくのを想像すると、なんかほのぼのするんですよね。インドの人が頼むのは平均何辛なんだろうなぁ。
将来的には海外店舗数(180店舗)を国内(1264店舗)より拡大する目標がある中で、インドの成功は良い信用訴求にもなるので本当に頑張って欲しいですね。逆輸入系の商品ですが、上手くポジションが分かれたら良いなと思います。
日本のカレーとインドのカレーは別物。それはそれでやっていけばよいと思う。
興味があるのは経営をどうしていくか。日本のココイチの強さは、FCが「のれん分け」的になっている企業文化にもあると思う。長期の成長という点では、味だけでなく経営を各国でごういう形でやっていくのか、三井物産や現地JVなど相手がいる場合はそことの兼ね合いなどもあると思う。
三井物産のインド人社員の方のお墨付きとなれば勝機がありそう。
【ココイチ、カレー本場インド進出 日本式でも「商機十分」】
https://newspicks.com/news/4036150

中国、台湾、韓国でのこれまでの経験も十分ですし、インドでも楽しみですね。
株式会社壱番屋(いちばんや、ICHIBANYA CO., LTD.)は、カレーハウスCoCo壱番屋(カレーハウスココいちばんや、略称:ココイチ)を運営する日本のカレーライス専門店チェーン最大手である。ハウス食品グループ本社の連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1,705 億円

業績