新着Pick
511Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Apple Cardはモバイルを前提としたクレジットカード体験の再設計です。カード社会でありながら、若年層はデビットカード使用にとどまるなど、カード不振も見られる米国において画期的なサービスとなり、またAppleとしては、現在、これからのiPhoneを強烈に囲い込んでいく施策と見ています。

高額な年会費を払うカードよりも強烈な所有欲をそそりながらも、年会費や手数料、ウェブや電話などを用いた情報照会や手続きを徹底的に排除し、リワードはApple Cashとして受け取ることで店舗利用や個人間送金にそのまま使える。券面にはカード番号がなく、セキュリティを物理的に向上させるなど、若い世代のカードへの疑問や不満をつぶし切ったものといえます。

Appleは日本でもApple CardとApple Cashを商標登録出願しており、世界に向けて展開していくことになります。カードや個人間送金を考えると、一番手っ取り早い日本のパートナーはドコモっぽいのですが、どうなるでしょうか。
アップルの脱ハードウェアの3大施策の一つ金融が想像以上に速いペースで動いてますね。iphone11?がもう来月以降に控えてるとなると8月のうちにクレジットカードを出しておくのは正しい動きです。アメリカでは9月が新学期なので、それに合わせて新規にクレジットカードを作ったり、引越しでカードを見直す人も多いですから。
その前に早めに出してiphoneから顧客が逃げないようにするための施策でもあります。 同じパターンで行くと日本でアップルカードが始まるのは来年の2月後半以降になるのでしょうか。

日本はiphoneのシェアが5割近く世界の平均の2割程度からするとかなり高い方なので、アップルカードを出してくる可能性は高いと思います。パートナーは違う銀行になるかもですが。

もはやカード自体で加盟店から収益を得る時代は終わるかもしれません。
Apple Card発行の目的のひとつは、Apple Payの利用促進です。カードそのものを使ってもらうことも大切ですが、Apple PayにApple Cardを登録し、非接触決済で使ってもらいたい、というのが本音。

非接触で使えないところもあるので、そこはチタン製のカードを使って、ということです。非接触の普及のためにも、このカードは意味があります。

もうひとつの目的は、提携カードによる収益アップ。アマゾンもサービス収益にカード提携手数料が含まれています。

日本にも早く上陸して欲しいですね。その際は、日本固有のフェリカ仕様ではなく、国際標準のNFCになるかもしれません。
アメリカの小規模小売店では、非接触決済は普及していない。
(プラスチックカードのカードリーダーはほぼ全部にある。)

おしゃれではあるが、すでにクレカやデビットを持っている人が、
このカードをメインカードにするとは思えない。

私はほしいが、やはりメインカードにはしないと思う。
それにしても「たかが」といっては失礼ですが、たかがクレジットカードの新規発行でここまで話題になるのはすごいですね。とはいえ、番号がランダムに表示されるのはどういう体験になるのか、関心があります。
AppleのサイトにNotify meのボタンがあったので、思わずメアドを記入しました(どういう基準で連絡がくるのだろう・・・iPhoneはアップルグレードで買っているが・・・)
このApple Cardは、何気に、いま最先端のクレジットカードなんですね。
1.チタン製→最近流行っています
2.カード番号がランダム表示される→和訳が稚拙ですが、たぶんカード番号がランダムですよね?2,3年までからカード業界では話題になっていたものです

実際のクレジットカードはチタン製だが、カード番号などは表示されず、代わりにiPhone内のチップに保存される。カード番号が必要なオンラインや電話での買い物の際にバーチャルの番号が発行されるという。


日本で発行されるのはいつでしょうか?
クレジットカードもガラパゴス化している日本ですから…

あと、非接触決済は、グローバルスタンダードなものでお願いします。
コンセプトから含めると150年ほどの歴史あるクレジットカードのUXイノベーションである面白い試みだが、クレジットカードにも、Appleの業績にもさして大きなインパクトはないだろう。
カード自体はバーチャルで、番号などは表示されず、代わりにiPhone内のチップに保存される、というのがポイント。

基本的、プラスチックのカードの類は、スマホのSIMカードに転載されて、物理的なカードを持ち歩く必要がなくなる、と考えたらよい。

これからクレジットカードや各種ポイントカード、保険証や運転免許証、身分証明に用いられるマイナンバーカードを含むあらゆる物理的なカードは、この形で使われるのがデフォルトになる。
デザインも素敵だし、選択肢が増えて楽しみです。年会費の元が取れるサービスなのか、期待。
iPhoneをWallletから進んでクレジットカード自体に変えてしまうという企画。収益性を考えると新規顧客獲得費用がかからない代わりに各種フィーが低めではないかと推測しますので、目先の利益よりも囲い込み先行になりそうです。GS側は決済履歴を積んだところで、マーカスとつなげたいということでしょう。
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
8.00 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
115 兆円

業績