新着Pick
421Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
わたしがわーっとお話した内容、特に、弊社のB2Bプラットフォーム事業をガッツリ取り上げて頂きましたね。ありがとうございます。

靴はとにかく在庫管理が難しくて、欠品と余剰が起きやすい。

だからこそ在庫シェアリングは欠かせないし、オムニ戦略も必要だし、デジタルトランスフォーメーションも欠かせません。

5年前から少しづつカタチにして来たものが遂に9月2日、総合ソリューションとして提供できるようになります。ご期待下さい。

でも、こんなに面を割いて頂けるなら、確かに題名に一言、ロコンドは書いて欲しかった(笑)。今回がウチの回とは最初、気づけなかったです泣。

追伸:

モバコレ買収の箇所は少し整理すると、ロコンドは従来からF2層が強く、反面、ZOZOさんは20代後半から30代が圧倒的に強い。

だからそれよりも更に若い18〜24歳を次のターゲットセグメントと考えていて、それを補強するのがモバコレ買収って事です。

例えるならロコンドは「ママパパムスメがファミリーで買える通販」を目指します。
そもそも左右全く対称な人なんていないと思う。にもかかわらず既存の靴業界は左右対称な靴しか売っていない。これは流通システムが対応できないから。ちなみにハイヒールなどを履く女性は、左右サイズ違いが欲しいのを我慢したり、中敷きでごまかしたりしながら履いている人が多い。であれば、ECでは左右非対称でも靴を売ればいいがそういうことは誰もトライしていない。
ZOZOMATの将来は左右非対称どころか、左足、右足にそれぞれ最適なサイズのハイデザインな靴を売れることだと思う。逆に言えばそこまで視野に入れなければZOZOMATの意味はない。それが実現されれば、これは単に試着ができるとかの問題ではなく、靴業界の常識を根本的に覆す、業界革命になる可能性がある。
田舎の百貨店の平場には黒っぽい靴しかいない問題。思わず深くうなづいてしまいました。確かに、自分の地元でもそうです。もっと言えば、田舎に住んでいた頃は、黒と茶色以外の靴を履く人なんてよっぽど派手な人なんだろうくらいに思っていました。

取り寄せができるお店は数多くあれど、やはり送料の手軽さと届く速さは大事です。これから、地元の商店街で鮮やかな色のパンプスを履いた女子に会えるようになるのだろうか。

そう考えると、アパレルが変わると、文化が変わります。変わったら面白い。
靴のオンライン販売というむずかしさをどうカバーするか。ZOZOとロコンドの戦略の違いがよくわかりました。

ZOZOはZOZOMZTを配布して立体的に足の形を計測し、それに基づいて靴を選ぶ。ロコンドは、試着を優先し、B2Bをメインにした取り組み。

ロコンドはオンラインとリアル店舗の在庫を一元化して効率を高めようとしています。一般の小売では、思っていてもなかなかできないことなのですが、B2Bでこのプラットフォームを活用できれば便利ですね。
引用部の内容が分かっているなら、一日での変化もデータから推測出来ると思いますよ。一番足が大きくなるタイミングで合わせれば良いのでは?オーダーメイドの靴が、汎用品未満のフィット感になる要素は無いような気がしますが、どうなんでしょうね?そんなに簡単ではないとは思いますが。

引用〉人の足って、朝と夜で0.5センチも大きさが変わります。

以前、ある百貨店が3Dスキャンして足を測るという取り組みをしたのですが、アンケートを取ってみるとぴったりフィットしたという声がほとんど出てこなかった。

つまり、靴選びで大事なのは、試着です。
靴は実際には履いてみることが必須。
洋服より靴が好き、24.5というと大きなサイズということでサイズ切れが多い、幅が狭くて大抵の日本製はあわない、ということで、ロコンドには注目してます。
靴はECだけでなくファッション小売としても特徴がある業態。
ファッションはそのなかで各ブランドごとに店舗を出す傾向があるが、靴は異なるブランドで横比較をしたいニーズが多いと思い、小売サイドの付加価値が消えにくいと思う。一方でどこまで真剣に試し履きをしているかというと、個人的にはお店で少し履くのと実際に使うのでは違うこともあり、意外にECでもそんなに大差がないと人々が感じ始めれば変わりうるのかもしれないと思う。
また本記事の「靴は結構場所を取る」という言葉も面白い。例えばABCマートの場合は繁華街に複数店舗を出していることがある。立地が良いというのもあるだろうが、地域が近いところに出店してその間で在庫融通を互いにするようなオペレーションもしていると思う。在庫が多いもののEC化は、かさばる家具でニトリが進めているが、在庫コストを一気に減らすポテンシャルを持っていると思う。とはいえ、家具と比べて難しいのが、靴はサイズ分は在庫がないと店舗で試せないので、やはり一定量は在庫が必要。
靴選びには何度も失敗してきました。一度、その道のプロに足をみてもらい、自分の足の長さ、高さ、幅、つま先の形などの特徴と、靴はどの部分がぴったりと合って、どの部分は空いていてもいいかなど、詳細に教えてもらってからは、より慎重に靴選びをするようになったので失敗していません。試着が必要なのはいうまでもないのですが、靴屋さんで足と靴に関する知識を教わることが重要だと思います。
靴のマスカスタマイゼーションはありだと思う。
困っている人が多い市場。
靴は売るのが本当に難しい。仕入れるのも難しい。
Tシャツやパンツは少しのサイズ違いであれば着れないことはない。なのでセールで安くしていけば、売り切ることもできる。
靴は、足のサイズが26cmの人に、90%オフでも25.5cmの靴を売ることはできない。時間帯により足のむくみでサイズも変わるし、メーカーによって足型も違う。なのでECで売ることが本当に難しい。スニーカーはまだ売りやすい商材だが、革靴はかなり難しい。