新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
世界の人口の急増に伴い、より大量の食糧が必要になるため、農業者と作物の品種改良を担う育種業者は、時間との戦いに挑んでいます。とはいえ、育種のプロセスはゆっくりです。オーストラリアにあるクイーンズランド大学の植物遺伝学者リー・ヒッキー氏によると、今より60%から80%も多い食糧が必要になるそうです。そこで彼ら研究チームは作物の安全性向上に役立つような他の技術と同時に、スピードブリーディング(速成育種)の潜在力に焦点を当てた論文を出しました。作物研究はより安価で、より強力な技術によって、世界の農作物をさらに発展させる道が開かれています。
人気 Picker
農作物の栽培には、土地や水、太陽光、などの多くの自然資源と人手、化石燃料が使われていますが、農作物の対価は投入資源に見合わないと考えています。

気候変動による影響も一番受けていますが、危機感は薄いまま、いつでも安心安全な食料が安価に手に入ると思われています。

生きていくのに必須の食料、もっと関心と感謝の気持ちを持つべきだと思います。
DIYっぽくて研究としては楽しそう。『ソーラーパネルを使って安価なLEDにつなげれば可能になる。スピードブリーディングはゲノム編集やゲノム予測と組み合わせることもできる』