新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フロムスクラッチの100億円調達に関して、ポイントがとてもよくまとまった記事です。規模も大きいですが、KKRやGSなど海外のVC(PE)が入ってることが特徴的ですね。
先日炎上した労務的な問題もクリアしての調達だと思いますので、スタートアップの側からすると、どんな準備や交渉をしてこの調達に至ったのか、その裏側を聞いてみたいです。
KKRが日本のスタートアップに初投資。

Institutional Buyout - USでは、PEによるスタートアップ買収すら一般的。フロムスクラッチに近い領域だと、Marketoを買収したVisa Equity Partnersとか。因みに去年、Adobeに約5,000億円で譲渡しましたね。

PEのレイターステージへの参戦はUSではかなり前から一般化していて、バリュエーションの高騰によるダウンラウンドIPOも起こっている(Uberなど)。

バブルか、新しい生態系への進化か。
スタートアップでまた大型調達のニュースです。
先月、SmartHRさんの弊社記事(https://ami.live/articles/1d6Opt97tPsjuSSRRYkhK7)で海外投資家の日本のスタートアップへの投資の注目について言及しましたが、すぐに事例がでましたね。

今後もこの動きは加速していくのではないでしょうか
マーケティングツール「b-dash」を提供するフロムスクラッチが100億円の大型調達。米大手投資会社のKKRがリード。

フロムスクラッチのこれまでの資本政策。リンクアンドモチベーションからスピンオフみたいな感じなのかな。これまでのラウンド既存がほぼ参加してる。余程順調なんだろうな
https://note.mu/tsnagashima/n/ndc9743572445
最近思うのは、このb-dashだったり、今弊社で使い倒しているオウンドメディアのnote -pro だったり、動画cm をAIで作成し、自動でキャッチーな動画制作を従来では考えられない価格で提供出来るVIDEOBrainがかなり来ている。

ユーザのプライスバリアを超えてプラットホーム化するためには、相当な開発コストが必要であり、それを支えるのが、大型資金調達。ますますCFOの役割が重要になる。
米国でPEファンドによるSaaSのM&Aが非常に増えており、M&AによるEXIT確率の高さ(ダウンサイドリスクの低さ)を見込んでのことではないでしょうか?優先株の条項が気になる。
リンクアンドモチベーション出資先で、私も社外取締役をさせて頂いているフロムスクラッチが、KKRやゴールドマンサックスなどから100億円の資金調達をいたしました。

リンクアンドモチベーションはシードステージから出資していますが、今回追加出資いたしました。

経営体制およびガバナンスの強化に向けて、KKR谷田川さん・リタリコ中俣さんが社外取締役に、弁護士の堀さんが社外監査役に着任されます。

安部 泰洋さんはじめ、資金調達に関わられた皆様、本当にお疲れ様でした…。引き続き、良い会社を作り、良い商品を届けていきましょう!
この記事、ぜひ読んでください。本当にわかりやすい。
過去10年でも5社しかない100億円の調達。そして、今回はSaaS企業。
「過去10年において、年間調達総額が100億円以上だったのは企業は5社。エリーパワー、Spiber、スコヒアファーマ、Preferred Networks、JapanTaxi」
すごい。しかしPEとかGSみたいな巨人がかなりの額をリードとしてベンチャー投資するのが普通になりつつある中で、今後既存のVCはどう立ち振るまっていくのか気になります。
タクシー広告でもう嫌と言うほどお馴染みのB Dash。今まで会社名知らんかったわ。評価額311億円ってのはPre MoneyなのだろうかPost Moneyなのだろうか。

業績