新着Pick

"なにもしていない人はダメ"という人の苦しさ

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
315Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「やる」と「価値を生む」は違う。

ただ出社する(やる)だけで、給料が出る環境に慣れてしまうと、画一的になりやすいですよね。役に立っていると錯覚もする。

生産性、つまり作業効率優先で「仕事をさせる」「働かせる」より、「いる」人が価値創造を考えることにも、意義を見出すべきですね。考えることは大切です。
子供が学校の授業で助産師さんから「生きてるだけでまるもうけ」という言葉を教えてもらったと教えてくれた時から、家族で何かしんどいことがあるとみんなでそうやって励ますようにしています。
人の苦労は他人からはなかなか分からないもの。他人から何もしていないと見えても、本人は思い悩んでいることも多々あると思います。

「パワハラとかもそうですよね。優しくしてあげると、人はけっこう頑張るんだということを忘れている。何で忘れてしまうかというと、その人自身も追いつめられているからなんですよね。」
最近のストレス社会ではこの点が更に顕在化しているように思います。
〝優しくすると、人はけっこう頑張る″
これいい言葉だな。
確かにそうですね。
効率と結果を追い求める生き方は一つの生き方。
全てではない気がしますね。

この激流の時代に生きてて心地よい状態で
過ごしていきたいですね。
東畑さん、いいこと言ってる。というか、ほんとにこういう感覚、身に染みる…仕事に追い立てられてしまっている。嗚呼