新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他社よりも投資をかけずに売上を上げているのだから素晴らしい経営です。「過去最大の投資」がうまく行くケースは多くはない
"研究開発費が売上高に占める割合は、歴史的に競合ハイテク各社よりも遅れを取ってきた経緯"
研究開発費の額でアップルの可能性を測れるのか?

もちろん企業の戦略を示すものではあるが、過去最高の投資をするからといって、最高の製品、ビジネスが生まれるわけではない。

アップルのような企業であれば、なおさらである。しかし、研究開発費が注目されるのは、存在意義が変わってきている証ですね。

「私たちはユーザーエクスペリエンスを向上させ、市場で当社の製品とサービスを差別化したいと考えています。

差別化を目的とせず、最高のものを創ってきたアップルの現CFOが、このように語るのは極めて興味深い。
アップル、四半期研究開発費が過去最高の42億ドル(約4450億円)に達した。GAFAMは軒並みこの巨額の研究開発費を費やしてる。日本企業が太刀打ちするのはドンドンと困難に。とんでもない金額だ
インテルのモデム事業もだけど、全てが内製化になるのではなく、内製に至らなくても、自社の特許を使わせたり、値下げや設計で交渉するのに根拠となる技術を得る為の研究開発投資だと思います。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績