新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここを超えれば日銀が動くだろう、と多くの人が見ている105円が近付いてきましたね・・・ 金融緩和に消極的と見られたら一気に円高が進みかねない立場に置かれた日銀は、このところ、緩和の手段はいくらでもある、状況が変われば躊躇なく緩和措置を講じる、との姿勢を強めて円高を牽制しています。それはそれで効果はありますが、いざその場になって副作用を超える政策効果を発揮する十分な緩和手段が打ち出せず、やっぱり口先だけだったのか、となったら大変です。異次元緩和の真価が問われる場面が近付いているように感じます (・_・)ウーン
そこまでの騒ぎにはなっていないにせよ「チャイナショック2.0」を想起した向きもあったことでしょう。中国政府が元安に誘導する動機が追加関税の相殺だとするとこれといった出口のないループになってしまい、株安・円高で被弾する日本経済としてはとばっちりっです。
日銀追加緩和の足音が聞こえてくるような水準ですね。
過去を振り返っても、大体ドル円が105円を割ってくるとアクション起こしてますから。
ただ、日銀単独でやれることは限られていると思いますが。
中米対立への懸念から円が全面高となる、これは意外な展開。
いままで7元台は固く守るだろうと思ったが、それをやぶってしまった。
元安によってトランプの貿易戦争と対抗する。
中国もなかなか頑張る。
円はかなり影響を受ける。元安、ウォン安のなかで独りで高くなる。日本は信頼されている証拠でもあるが、
うれしい悲鳴か。
日銀へのプレッシャーが強くなる。でも下記などでコメントしているように、米国の金融政策がより大きい中で、その動きに押しつぶされる構造に元々あるわけで…
https://newspicks.com/news/4050086

黒日銀と白日銀の評価についても、就任期間で米国がどういうスタンス・フェーズだったかという点が黒日銀にプラス、白日銀にマイナスに効いている側面もある。
https://newspicks.com/news/3402853
7の水準は守らなかったか。米中貿易戦争が再燃した時から私の最大の懸念事項は元安だったので、最悪ケースが現実化してきました。外人投資家からすれば株安による損はある程度円高でカバーされるが、業績が悪くなっちゃあんま支えにならんからね。

105円下回ったら日銀が動くみたいな噂は誰が広めてんすかね?動く訳ないじゃん。100円割れぐらいまで行ってなきゃ無駄弾になるってのは日銀も分かってるはず。それに一番効果的な策であるEquitizationを実行するには財務省の協力が必要だから、麻生さんが財務相じゃ期待出来ない。
円高時には米国債金利が低いので売買のタイミングに困る。。
米中の対立、地政学的な緊張、そしてそろそろ不況が来るであろうという雰囲気と、経済が不安定になる要素満載ですからね。
そろそろドル資産を買おうかな
人民元安になる前から、ドル円相場は円高基調がスタートしている。元安は、その流れを補強したということ。ドル円相場は、異常な低ボラティリティで膠着していただけに、いったん動意が出ると、この流れはダラダラと続きやすい。日銀の追加金融緩和は、短期的な為替相場に大した影響を及ぼさないし、政府はこの程度の円高で為替介入をすれば、トランプ政権から為替操作国に認定されるリスクがあり、動けない。思わぬ円高に発展する可能性もあり、注目したいところだ。