新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国が原発推進に懸命になっている。日本やアメリカイギリスなど、民主主義の国々では、原発は半ば諦められているが、中国には言論表現の自由がなく、原発推進をすすめ、10年後には、より安全な原発を開発してヨーロッパやアメリカに輸出し始める可能性もある。日本の一部財界には、これを恐れる声もある。
日立が今年、英国での原発建設を凍結したニュースは記憶に新しいところですが、その英国ではいま、中国の最新原発の審査が進んでいます。
英国だけでなく、インドやパキスタン、またハンガリーなどにも中ロが積極的に原発を輸出。これら新興国では、温暖化対策イコール再生可能エネルギー、でなく原発、のようです。
世界が原発に慎重に傾く中、中国は年間7-8基の原発を建設しているのだから、この分野では圧倒的な存在になるだろう。しかし、それは大規模な事故を発生させないという条件付だ。チェルノブイリ、スリーマイル、福島を例に挙げるまでもなく、先進国はどこも事故を経験してきた。中国は今のところないが、このペースで建設していけば、いづれ何かが起こる可能性はある。その時に中国は、どのような対応をするのか?近隣諸国として隠蔽だけは、してほしくないなー。ただ、この中国の原発リスクが、常にそこにあり得ることは、日本は忘れてならない問題だろう。
原発は安くて安全で二酸化炭素を出さないので世界的には成長産業

アメリカは原発の検査を緩和する議論をしている

Nuclear Regulatory Commission mulls cutting back on inspections at nuclear reactors
https://www.cbsnews.com/news/nuclear-regulatory-commission-mulls-cutting-back-on-inspections-at-nuclear-reactors/

中国 2050年に原発400基超
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2404V_U1A620C1FF1000/

インド:国産原発10基増設を決定
https://mainichi.jp/articles/20170519/k00/00m/030/042000c

ビル・ゲイツ氏「温暖化防止の取組で原子力は理想的」
https://www.jaif.or.jp/190108-a