新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
少し前にテレビ東京の『ガイアの夜明け』で、ユニクロの特集を見た際にも取り上げられていた放送( https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/gaia/vod/post_174725/ )を観ましたが、製品開発全体のプロセスが、グローバルに素早く価値のあるものを展開するために、どのように製造から製品の改良までアジャイルにすすめるのか、ということが徹底されていることがわかりました。

この記事のジーンズの話も取り上げられており、実際の行程は映像で見ることが出来ます。
せっかくなので買ってみましたが、シルエットも良いし、生地も縫製も、そして、加工も良いと思いました。しかも、それが3990円で買えるという。

しかし、すごい点は、これは単に安いとかおしゃれだとかそういう話ではなくて、いかに今までのジーンズの世界の常識を超えた製品開発をしているのか、という点ではないでしょうか。

つまり、この加工方法が確立できれば、おそらく生産もグローバル化できるし、アジャイルな製品開発(改良)も可能になります。地域ごとの微妙な差異をつけることも容易になるでしょう。しかも、他のメーカーを圧倒的に上回る品質と価格で。
その戦略があった上での取り組みなのだろうと思います。

同番組の中では柳井さんが、Amazonに出遅れているのでは、という質問に対して、「出遅れているけれど、すぐに追いつく。情報があれば小売ができるわけではない。」と語っていたのが印象的でした。
昔はEDWINのジーンズが好きだったけど、ここ5年ほどはユニクロのジーンズのほうがモノが良く、価格も1/3になったので、革命的なジーンズだと感じます。ただその価値のアピールはもっとしたほうがいい!
あの3990円で提供されているデニムでこれだけの「やらないこと」が含まれていると考えると、ユニクロはすごいなと改めて感心する。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.97 兆円

業績